米・大リーグ、ヤンキースの田中将大投手(29)が6日、都内で『ウブロ×田中将大 チャリティーイベント』に参加。子どもたちから思わぬ“ヤジ”が飛び、苦笑いする一幕があった。

【写真】サンタ姿で登場した田中将大投手

 サンタクロース姿の田中は抽選で選ばれた子ども18人に、お菓子を配りながら登場。その後、ミニ野球教室を開いた。“マー君サンタ”から着替えた田中は子どもの夢を守るため「初めまして」とあいさつ。イベントが始まると「僕自身、すごく楽しみにしていた。長男がいるので、これから、こういう風に成長していくのかな」と目を細めた。

 イベントではターゲットチャレンジも行った。子どもたちが18球、ターゲットに命中させた後にバトンを受け取った田中は少し緊張の面持ち。ある子から「プレッシャーかかるね」とヤジられると思わず「1人だけ、さっきからずっと言ってるんだよね」と苦笑するばかり。重圧のかかった1球は見事に的中させたものの、インハイの際どいコースに。ど真ん中に当てられず、子どもたちも微妙な反応で、田中も「今のでいいのかな…」と自虐的なコメントをしていた。

 終了後の囲み取材で報道陣からイジられると、田中は「そんなに高かったですか」とトボけた表情に。「練習で投げたときより手応えはありましたけどね」とかわして笑わせた。

 また、所属するヤンキースの新監督にアーロン・ブーン氏(44)が就任する。「決まったんだなという感じ。監督が代わったからどうこうではなく、どんどんまだまだ成熟していくチームだと思うので、そういう意味では楽しみ」と話した。ただ、ブーン氏については「あまり知らないです」と多くを語らなかった。
子どもからヤジられ投球が不安定になってしまった田中将大選手(C)ORICON NewS inc.