男女の恋活を支援するマッチングサービス「タップル誕生」を提供するマッチングエージェントは12月6日、「恋愛流行語2017」の調査結果を発表した。同サービス利用者にアンケート調査を実施。「公開告白」「婚活アカウント」など、SNSに関する用語が上位を占めた。

【その他の画像】

 上位5つは以下の通り。

・1位:公開告白

・2位:婚活アカウント

・3位:ネット婚活

・4位:#プレ花嫁さんとつながりたい

・5位:港区女子

 公開告白は、文字通り人前で告白すること。若者向けライブ配信アプリ「MixChannel」から生まれた文化で、「周囲に応援してほしい」「失敗してもみんなが励ましてくれる」「人に見られていることで告白の勝率が上がる」などの思いがあるという。

 婚活アカウントは、Twitterなどのアカウント名の末尾に「名前@婚活」と付け、自身の婚活を赤裸々につづるアカウントのこと。周りに相談できる婚活仲間がいない人が、悩みを共有するために利用している。

 ネット婚活は、マッチングアプリでの婚活・恋活や、SNSを通じた婚活のこと。「#プレ花嫁さんとつながりたい」は主にInstagramで利用されるもの。結婚を控えた女性=プレ花嫁が、不安や悩み事の相談など、結婚式に関する情報共有で使うものだ。

 港区女子は、六本木・麻布十番・西麻布など港区を中心に活動する女性の総称。「女子大生や読者モデルなど、自分がハイスペックであるという自負を持っている女性たち」(マッチングエージェント)という。

 ランク外には、今井絵理子参議院議員の「一線は越えていない」や、お笑い芸人ブルゾンちえみさんの「探さない、待つの」など、有名人の発言やフレーズが登場。マッチングエージェントは「現代の恋愛にSNSはもはや必須と言っていいかもしれない」とした。

 調査期間は11月10日〜19日。タップル誕生を利用する男女1017人を対象に、17年の流行語に関するアンケートを実施した。

画像