Twitter Japanは12月6日、月額9900円で毎日最初の10ツイートを広告として自動配信する「オートプロモート」の提供を始めた。通常のTwitter広告と違い、ツイートごとに入稿作業をしたり、細かくキャンペーン内容を設定したりする必要がなく、運用の手間を省けるのが特徴。

【画像】「オートプロモート」の操作画面

 あらかじめ地域、興味関心などの配信ターゲットを定めると、毎日最初の10ツイートを広告として自動配信する。11個目以降のツイートやリツイート、引用ツイート、ツイートへの返信(リプライ)は対象外。平均的に月間3万アカウントへの追加リーチ、30人の新規フォロワー獲得が見込めるという。広告内容は、Twitter側が審査する。

 最初の設定後は、Twitterアプリから「オートプロモート」のアイコンを選び、設定変更が可能。事前にどのツイートを広告に利用するかを個別には選べないが、設定画面の「ご登録内容」から広告配信を一時停止し、広告配信したくないツイートをする――というようにコントロールできる。

 月別のツイートのリーチ、フォロワー数の増加、プロフィールページへの訪問者数などを把握できるダッシュボード画面も用意する。

画像