一生に一度は行きたい、憧れの「星野リゾート トマム」。

幼児スノーボードデビューできる? 危険度は? ゲレンデに出られるの? 気になる5つのポイント

子連れスキー旅行の予約方法、費用感、必要な準備、新千歳空港からの移動方法、現地での食事まで、完全解説!!

極上のパウダースノーを生む、極寒の気候がすごい

スノーレジャーは、もちろん新潟県や長野県でもしっかり楽しめますが、

「わざわざ北海道まで行きたい!」「子どもに経験させてあげたい!!」

と、親として思わずにいられないのが、極上のパウダースノーを生む “極寒” です。

普通なら、なるべく寒い思いはしたくない、と考えますが、全国最低を記録することもあるほどの超極寒となれば話は別。

気象庁による歴代全国ランキングでは、「星野リゾート トマム 」がある、勇払郡占冠村は、最低気温で11位にランクイン(2017年11月現在)。

なんとその気温、2001年1月14日に記録した、-35.8℃です。

普段も、1月から2月にかけて、1日の平均気温が-10℃の日が続くケースが珍しくなく、雪の粒子が風で飛んで行くほどの、まさにパウダースノーを堪能できます。

しかも、運営は、言さら説明するまでもない、星野リゾート。

外国人の割合も多く、まるで海外旅行へでも行っているかのような、非日常が味わえます。

我が子に一度は、いや、何度でも経験させてあげたいのが、「星野リゾート トマム」です。

宿泊予約は公式ホームページからで一択

さて、「星野リゾート トマム」に行こうと思ったとき、チェックするのは、公式ホームページただ一つでOK。

なぜなら、公式ホームページからの宿泊予約は、ベストレート保証だからです。

また、予約システムが使いやすく、プランを選択して、人数を入力すると、日程ごとの料金が一覧で表示されるなど、検討もしやすくなっています。

航空券付きは例外も

公式ホームページから、航空券付きの宿泊予約もできるのですが、こちらは場合により、要検討。

航空券付きの予約は、株式会社タイムデザインへの委託となっており、宿泊・航空券・現地での移動手段まで、まとめて予約できて手間が省ける反面、若干割高になっています。

たとえば、3月11日から2連泊、羽田空港からAIR DO利用、「ザ・タワー」スタンダードツインルームのリフト滞在券・朝食付プランを予約しようとすると、航空券をエクスペディア等で個別予約するよりも、約1.5万円ほど割高(※)になるのを確認しています。

※2017年11月15日時点。時期や予約条件により変わる可能性もありますので、各自の責任においてお調べください

航空券の手配や、予約管理を、自分でできるよ、という方は、宿泊だけを公式ホームページから予約するほうが、お得になるケースが多そうです。

おすすめ時期と費用感

おすすめ時期と費用感

「星野リゾート トマム」のおすすめ滞在時期は、大きく2つの考え方ができます。

最高のパウダースノーを堪能できる1月〜2月

やはり、子どもには最高の体験をさせたいもの。

そう考えると、もっとも気温が低くなり、パウダースノーを堪能できる可能性が高い、1月・2月がおすすめです。

各種アクティビティや、氷でできた街「アイスヴィレッジ」もまず間違いなく運営されており、トマムのウインターシーズンの魅力を100%満喫できる可能性が高い時期です。

リーズナブルに楽しめる12月、3月

2017-2018シーズンの場合、

  • 2017年12月1日から15日まで
  • 2018年2月25日から3月いっぱい(土曜泊以外)

は、年末年始などのハイシーズンと比較すると、半額前後から場合によっては1/3以下の、かなりリーズナブルな金額で、宿泊できてしまいます。

長期滞在してこその「星野リゾート トマム」なので、ハイシーズンを避けて行くかわりに、泊数を1泊2泊伸ばすのも、選択肢。

ただし注意が必要なのが、時期によって、アクティビティやスキースクール等が営業されていなかったり、高気温により「アイスヴィレッジ」が運営されていなかったりする可能性がある点です。

なお、「アイスヴィレッジ」の営業期間予定は、2017年12月10日~2018年3月中旬となっていますので、合わせてチェックしてください。

宿泊&飛行機の次に準備すべき3つ

宿泊&航空券の予約をしたら、次にすべき3つの準備

1. 新千歳空港からトマムまでの交通手配

空港は、新千歳空港を利用するケースが多いと思いますが、新千歳空港から「星野リゾート トマム」までは、直線距離で約100kmほど離れています。

移動手段は、おもに3つ。

  • トマム発着バスライナー(予約制)
  • JR利用(新千歳空港駅〜南千歳駅〜トマム駅)
  • レンタカー

おすすめは、荷物を運ぶ手間もなく、乗換もなく、「星野リゾート トマム」のホテル前まで直行してくれる、バスライナーです。

料金も、大人4,000円、子ども(3~11歳)3,000円と、JRとほぼ同額か、やや安いくらい。

予約制ですので、ホームページから予約しておきましょう。

JRも、南千歳駅からトマム駅間の特急利用時に、指定席を購入すれば、確実に座れます。

メリットは、バスライナーよりも遅い時間まで運行している点ですが、手荷物を運ぶ手間があったり、特に帰路は、電車の到着時間までトマム駅で寒いなか待たなければならなかったりと、子連れファミリーにとっては、デメリットもあります。

広大な北海道の雪道ドライブを楽しみたい方は、レンタカーもアリです。

「星野リゾート トマム」内は広く、シャトルバスでの移動が必要な場面もありますが、レンタカーがあれば、バスの時間を気にせずに行動できるメリットもあります。

2. 荷物の配送の手配

自宅から空港、飛行機搭乗、空港から「星野リゾート トマム」へと、長旅になるため、手荷物以外は、配送してしまうのが楽です。

スキーやスノーボードを持ち込みたい方も、「星野リゾート トマム」へ事前に送ってしまいましょう。

ヤマト運輸のスキー宅急便などを利用して、往復で配送が可能です。

配送先の住所などについては、公式ホームページ「よくあるご質問」の「事前に荷物を送ってもいいですか?また、トマムから送れますか?」の項目に詳しく記載されています。

3.アクティビティ、スクール予約

「星野リゾート トマム」の魅力と言えば、豊かな自然を活かした、様々なアクティビティ。

予約不要なスノーモービルやバナナボートもありますが、せっかくならば、予約制の、ガイド付きプログラムへの参加がおすすめです。

個人的に、子連れファミリーにぜひともおすすめしたいのが、ナイトスノーピクニック。

極寒の夜の森の中を、スノーシューを履いてお散歩するのですが、日中とはまた違った景色に、子どもの五感も研ぎ澄まされるようです。

運が良ければ、満天の星も眺められるかも。

その他、ファミリースノーピクニックや、クロスカントリー体験、物作りワークショップなど多彩です。

また、スキースクールに参加したい場合は、スノーアカデミー(レッスン)の予約も入れておきましょう。

魅力いっぱいの「星野リゾート トマム」なので、あらかじめ予定を組んでおいたほうが、効率よく楽しめると思います。

子連れ飛行機の注意点

子連れでの飛行機は?

子連れで心配なのが、飛行機。

ですが、フライト時間が2時間程度であるため、スマートフォンやタブレットで、アニメ映画の1本でも観させておけば、それほど困ることもないでしょう。

事前のトイレと、飲み物を飲ませすぎないように注意して、トイレに通う事態にならないようにしておけば、ストレスも減らせます。

注意したいのが、早朝便や夜便。

子連れの場合、空港へ行くまでが意外と大変です。考慮のうえで、利用便を決めるといいでしょう。

「星野リゾート トマム」食事事情

「星野リゾート トマム」は、スキー場というよりは、スキー場もついている一大リゾートというイメージのほうが、しっくりきます。

混雑しすぎることもありませんし、常に落ち着いた雰囲気のなかで、上質な時間を過ごせます。

よって、レストランもクオリティが高く、食の楽しみも豊富です。

ザ・タワーおよびリゾナーレトマムに宿泊する場合、朝食は付いてきます(1,100円の昼食券としても利用可)。

それ以外は基本的に、リゾート内にあるバラエティ豊かなレストランで食べることになります。

予算は、利用レストランにより様々ではありますが、おおむね、

ランチ 2,000円/人
ディナー 5,000円/人

くらいはみておくといいかな、というイメージです。

スキー場として考えると割高なようですが、とても美味しいため、ほとんどの場面で満足できるはずです。

子どもが食べられるメニューも豊富で、ブッフェも少なくありませんし、子連れで困る場面はそれほどないでしょう。

宿泊&航空券以外にかかる費用まとめ

こうしてみると、宿泊費用と、航空券代のほかにも、様々にお金が掛かる事実がわかると思います。

  • 自宅〜最寄り空港間の往復交通費
  • 新千歳空港〜「星野リゾート トマム」間の往復交通費またはレンタカー代
  • 荷物やスキー道具類の往復配送費
  • 現地での食費(ランチ、ディナー) × 人数 × 泊数
  • アクティビティ費用(利用する場合)
  • スキー&スノーボードスクール費用(受講する場合)
  • スキー道具、ウェア類レンタル費用(レンタルする場合)
  • リフト券代(宿泊プランでリフト券付きにしなかった場合)

※ミナミナビーチ、木林の湯、雲海ゴンドラ(霧氷テラス)、アイスヴィレッジは、ザ・タワーおよびリゾナーレトマム宿泊者は無料で利用可

ぜひ、旅行計画の参考にしていただき、最高の「星野リゾート トマム」旅行にしてくださいね。

星野リゾート トマム