日本サッカー協会は6日、東アジアE-1選手権に向けて招集されていた日本代表FW杉本健勇(C大阪)がけがのため、チームを離脱すると発表した。左脇腹と左足首を痛めており、4日の合宿初日以降、別メニュー調整が続いていた。