JR東海が保有する新幹線N700Aタイプへの防犯カメラ増設工事が完了します。

新幹線の保有編成約9割に車内カメラ設置

JR東海は2017年12月6日(水)、東海道新幹線N700A車両への防犯カメラ増設工事が14日(木)に完了すると発表しました。

セキュリティ強化策の一環として、JR東海は2016年4月から、新幹線車内の客室とデッキ通路部への防犯カメラ増設に着手。今年の12月14日(木)をもって、同社が保有するN700Aタイプ118編成で防犯カメラの設置が完了します。

JR東海が保有する新幹線は133編成で、車内防犯カメラが設置されるのはそのうち約9割です。2019年度末に700系が引退することで、2020年度初めには全編成で防犯カメラが設置されることになります。

JR東海によると、防犯カメラを設置することで、犯罪や不審な行為などへの抑止力向上と、事象発生時における状況把握、対応の迅速化に効果があるとしています。

【写真】車内防犯カメラの設置イメージ

車内防犯カメラの設置位置(画像:JR東海)。