東京・お台場にある日本科学未来館で来年4月18日から7月8日まで、企画展『名探偵コナン科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』の開催が発表された。

【動画】『名探偵コナン ゼロの執行人』特報映像

 1994年より『週刊少年サンデー』(小学館)で連載されている青山剛昌氏の漫画『名探偵コナン』。巧みなトリックと推理、そして個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる恋愛・友情・陰謀など、さまざまな要素が重なり合い予測できないストーリーで、国境や文化、世代を越えて世界に広がり、支持されている作品。テレビアニメや映画化、原画展なども開催されている。

 今回の企画展は『コナン』の世界観をベースに、科学捜査のプロセスを楽しみながら体験できる内容。会場では、来場者が探偵手帳に沿って、証拠を採取する「現場検証エリア」、新たな情報を収集する「聞き込みエリア」、証拠を科学的に鑑定する「ラボエリア」の3つのエリアをめぐり、事件の真相を解明していく。原作では描かれていない、本展だけのオリジナルストーリーが楽しめる。

 先日タイトルが発表されたアニメの劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』(2018年4月13日公開)と同時期の開催となる。
東京・お台場の日本科学未来館で『名探偵コナン科学捜査展~真実への推理(アブダクション)~』開催決定(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会