東京・表参道ヒルズで、日本の着物や伝統を受け継ぐ職人と、世界を代表するアーティストたちがコラボレーションしたエキシビション『KIMONO ROBOTO』が開催中。アイスランド出身の女性歌手・ビョークが、30日に行われたオープニングイベントにて登場し、スカイプインタビューに答えた。会場では、11月24日にリリースした最新アルバム『utopia』から表題曲のMVをフルで公開。親日家としても知られるビョークは、プロジェクトの参加について「共通の愛情が生み出した結果だと思います」とコメントを送った。

【写真】ビョークが最新MV「utopia」で着用している振袖

 制作に2年半をかけたという「utopia」は、自身が音楽活動をしている中での“ユートピア(空想された理想的な社会、理想郷)”をイメージして制作したという。MVでは、エキシビションのメイン展示でもある「束熨斗文様振袖」を着用したビョークが登場。「美しい着物をビデオの中で見てパターンとか技術がよりよく見えるようにしました」と、MVのこだわりを紹介。

 楽曲で表現したのは「鳥が飛んだり植物が満開だったりそういう美しい自分の中のユートピアの世界」。MVの中でも、植物やフルーツをメイクや衣装でふんだんに取り入れている。最先端のテクノロジーを融合させた、音楽、ビジュアル、パフォーマンスなどが話題となるビョーク。「ロボットを使ったり、自分の中のユートピアを具現化し、ある島に人間と鳥と植物を全て融合したハイブリッドが存在するイメージで制作しました」。

 会場では「束熨斗文様振袖」のほか、皇室献上作家・藤井寛による「慶長桃山小袖松皮文様」など13点が展示される。最新型のロボットが、一部着物を着用していることでも話題を集めている。表参道ヒルズ本館 B3F スペース オーにて10日まで開催。
『KIMONO ROBOTO』のライブインタビューに登場したビョーク