お笑いタレントのブルゾンちえみが、「Yahoo!検索大賞 2017」で大賞とお笑い部門賞をダブル受賞し、6日に都内で行われた発表会に出席した。

 本アワードは、2017年1月1日~11月1日までの集計データをもとに、前年と比べて検索数が最も急上昇した人物に贈る「大賞」に加え、パーソンカテゴリー(10部門)、プロダクトカテゴリー(7部門)、カルチャーカテゴリー(6部門)、ローカルカテゴリー(47部門)において、人物、製品、作品などを表彰するもの。

発表会に登場した受賞者たち

 先日、今年活躍した女性著名人に贈られる「ORICON クイーン・アワード 2017」でも“ブレイク芸人クイーン”として表彰されたブルゾン。この日、with B ことブリリアンのコージ&ダイキを伴って登場したブルゾンは、自身の名前が入った検索バーをモチーフにした2つのトロフィーを受け取ると、「本当にうれしいです」と喜びつつも、「1年にいろんなことがあって、現実味がないですね。激変という言葉が本当に合っています」と素直な胸中を打ち明けた。

 しかし、女優業や24時間マラソンにも挑戦するなど、チャレンジ精神旺盛なブルゾンは「今年は本当にいろんなことをさせていただいてありがたかったのですが、来年は人としてもっと興味を持ってもらえるよう、人間的に成長したい。頑張りたいと思います」とさらなる意気込み。そして、「男をこういう風に動かしたら、すごく女子に人気が出るのに……と考えることが好きなので、6人くらいの男の子たちを育てたい」とプロデュース願望があることも告白し、司会の土田晃之から「感覚が叶姉妹のお姉さんとほぼ一緒だね」と驚かれていた。

 表彰式には、モデル部門賞の泉里香、アイドル部門の欅坂46(土生瑞穂、菅井友香、小林由依、鈴本美愉、尾関梨香、石森虹花)、俳優部門賞の高橋一生、アスリート部門賞のアン・シネも出席。さらに、声優部門賞の諏訪部順一、作家部門賞のカズオ・イシグロ、女優部門賞の吉岡里帆からは音声やビデオメッセージで喜びのコメントが寄せられた。また、ミュージシャン部門賞は安室奈美恵、スペシャル部門賞は藤井聡太、永野芽郁が受賞した。(取材:錦怜那)

プロデュース業にも意欲!?