あかね書房の発行する「わかったさんのおかしシリーズ」の公式ツイッターが開設され、話題を呼んでいる。12月4日

「ようこそいらっしゃいました! こちらは『わかったさんのおかしシリーズ』でおなじみの、わかったさんの公式ツイッターアカウントです。 新刊のレシピ絵本の紹介や、さまざまな情報をお届けしたいと思います。みなさんとの楽しい交流の場になればうれしいです。よろしくお願いいたします」

と初ツイートを掲載。きは1万件以上リツイートされ、フォロワーも1万4000人をえた。

「わかったさんのおかしシリーズ」は寺村夫さんが原作永井郁子さんがイラストを担当した童話で、今年30周年を迎えた。クリーニング店員で「わかったわかった」が口癖の「わかったさん」が、配達の先々やお店で不思議な世界に入り込み、お菓子を作って現実世界に帰ってくるのがお決まりになっている。

ロングセラーの本の。こうしたものは販売部数だけでは測れないので、とても嬉しい」

画像は公式特設サイトから

ツイッターでは「図書館で競うように借りて読んだわ」「小学校の図書室で夢中になって読んだ」など、懐かしむが多数あがっているが、そもそもなぜこのタイミングで開設されたのか。あかね書房の担当者によると、意外にも成り行きによるものだった。

同社では今年9月、全10巻ある「わかったさん」シリーズを、お菓子の種類ごとに分類し、元の本にはなかった新作レシピ・イラストも載せて再構成したレシピブック『わかったさんとおかしをつくろう』を3冊発売した。ツイッターアカウントもこれに合わせて10月に取得したものの、

「何をいたらいいんだろう、みんな何を知ったら喜ぶんだろうと分からず、結局そのままにしていました」

という。しかし、12月5日オープンした同書の特設サイト内で「公式アカウント開設しました!」と宣言してしまっていため、急遽「何かひとこと言わなければ」といたのが最初の内容だったそうだ。担当者は「まさかこんなに反があるとは。フォロワー数も、画面を開くたびに増えていってどうしたらいいか」と嬉しい悲鳴を上げる。

「『わかったさんのクッキー』をはじめ、シリーズは今でも発行していますし、現役の小学生も読んでいます。ロングセラーの本のですね。こうしたものは販売部数だけでは測れないので、とても嬉しいです。懐かしんで下さる方々に支えられていると思います」

原作を担当した寺村さんは2006年に亡くなっているため、新刊のレシピブックに新しい話は掲載されていない。ただ、元の本ではモノクロだったレシピのカラー掲載や、全描きおろしの見開きイラスト、新作レシピの紹介もあり、大人は懐かしく、子どもは新鮮に楽しめる内容になっている。

ハッシュタグ付きの「作ってみた画像」投稿による、読者との交流を検討中

今後は、ハッシュタグ活用クイズ出題を通して読者と交流を深める予定だ。

「こちらではスタッフが作ったお菓子写真アップしたり、みなさんにはハッシュタグ付きで、失敗作も含め、レシピを見て作ったお菓子写真アップしてもらったりしようかな、と検討中です」

『わかったさん』には、料理作りを軸にする姉妹シリーズ『こまったさん』がある。現段階では、こまったさんのツイッターの開設予定はないそうだが、「そうしたはとても嬉しいです」と話していた。