E-1選手権で10番を背負う川崎MF大島 「中村俊輔さんが背負っていたイメージ」

 

 E-1選手権の日本代表に選出された川崎フロンターレのMF大島僚太は、今大会で背番号10を背負うことが決まった。錚々たる顔ぶれが背負ってきたエースナンバーの重みを感じつつ、前任者の中ではMF中村俊輔(ジュビロ磐田)に強い印象を受けているようだ。

 

 およそ1年ぶりに代表復帰を果たした大島。国内組のみで臨む今大会は背番号10を背負う。「普段通り、同じように頑張らないといけないと思うんですけど、責任感があると思うのでしっかり頑張りたいと思います」とプレッシャーも感じつつも、意気込みを明かしている。

 

 日本代表するゲームメーカーが背負ってきた10番については、「凄い人が付けているという印象があります。中村俊輔さんが背負っていたイメージがとても強いです」と日本が誇る天才レフティーの名前を挙げている。

 

「アディダスの選手じゃなくていいのかな」と冗談交じりにコメントしたが、「最終ラインの背後への動きを監督に求められているので、それぞれの特徴はあるにしても、その動きを見逃さないようにしないといけないと思います」とプレーのイメージを膨らませている。

 

 今回の招集メンバーにはJ1優勝を果たした川崎から5人が選ばれている。慣れ親しんだメンバーも多いなかで、栄光の背番号10を背負う大島は、バヒド・ハリルホジッチ監督にその実力をアピールすることができるだろうか。

 

【了】

 

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

 

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

フットボールゾーンウェブ