【トドメの接吻/モデルプレス=12月7日】俳優の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)の連続ドラマ初主演作品『トドメの接吻』(1月7日スタート/日本テレビ系、毎週日曜よる10時30分~ ※初回30分前拡大でよる10時~)から、追加キャストが発表された。

山崎賢人連ドラ初主演「トドメの接吻」追加キャスト一挙発表

◆山崎賢人“クズなNo.1ホスト”で連ドラ初主演

愛を信じず金と権力を愛し、No.1ホストとして女性を手玉にとる「クズ」の旺太郎(山崎)。12年前のある事件をきっかけに、誰も愛さず、成り上がることだけを追う孤高の男だが、彼の前にとある社長令嬢が現れる。それは日本企業のトップ、個人資産100億とも言われるホテル王・並樹グループ社長の娘だった。

そんな人生で最高の理想の女に迫る旺太郎だが、彼の前に“ある女”が現れる。彼女が彼に贈ったものは“死の接吻”。謎の“キス女”によって、何度も“死”と“時間”を繰り返すことになる。

◆“4つのキスマーク”の正体が明らかに

11月2日から毎週キャストが“キス写真”とともに発表された「キスリレー」企画。11月30日までの4週で、主演の山崎をはじめ、門脇麦、新田真剣佑、新木優子、佐野勇斗の豪華出演者が発表となり「キスリレー」企画は幕を閉じた。

さらに、先週はその他共演者の“4つのキスマーク”が公開されており、その正体は布袋道成役の宮沢氷魚、森菜緒役の堀田茜、青田真凛役の唐田えりか、小柳奈々子役の山本亜依であることが明らかとなった。このほか、光石研、奥貫薫、岡田義徳、弓削智久、山田明郷、高橋ひとみ、小市慢太郎の出演も決定。

また、番組ホームページにて公開された「キスの音=キスボ」の主は、山崎と同僚のホスト役。その正体は、来週12月14日に発表される。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
(左から)宮沢永魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依(C)日本テレビ