12月28日に放送されるバラエティー番組「人生逆転バトル カイジ」(TBS系)の出場者が決定。漫画のキャラクターさながらの“ガチな”メンバーに「BPO審議入りギリギリのラインなのでは?」とざわついている。

出典画像:「人生逆転バトル カイジ」公式サイトより出典画像:「人生逆転バトル カイジ」公式サイトより

 

“地下2階アイドル”を応援する声

同番組は12名の出場者が人生逆転をかけて様々なゲームに挑むという内容。さっそく出場メンバーを一覧で見ていこう。

 

大浦忠明(日雇いアルバイト/地下アイドル):借金額550万円
澤田開士(コンビニアルバイト):借金額40万円
瀬川明(日雇いアルバイト):借金額50万円
福田剛佳(無職):借金額235万円
佐佐木智子(アルバイト):借金額1000万円
藤田雄亮(個人事業主):借金額8億円
戸根川公代(清掃業):借金額100万円
岡野陽一(芸人):借金額750万円
山根隆洋(無職):借金額15万円
鈴木もぐら(芸人/アルバイト):借金額600万円
竹内佑恭(ホスト):借金額250万円
伊藤こう大(芸人/アルバイト):借金額200万円

 

まず注目を集めたのが、“ノンフィクション系地下2階アイドル”の大浦忠明(おおうらきらら)。女性の心をもつ男性地下アイドルで、知人や会社から裏切られ続けたという過去を持つ。今年2月にドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」(フジテレビ系)にも出演しており、その生き様が視聴者に大きな衝撃を与えていた。

 

大浦の出場にネット上では「ノンフィクションのきららさんが出てる! 是非応援したい」「きららさんにどうにか勝ってほしい」「きららさんの人生だけでドキュメンタリー番組1本作れるレベルだよな」との声が続出。番組での活躍に期待を寄せられている。

 

また、大浦は「とりあえずね丶帰蕾〇」名義で掲載している自身のブログで、「出場者を見ますと、さすがに、インパクト強い方々ばかり」「私も本気で200万円取りに行きたいけれど、それぞれのプロフィール見てたら、私なんかよりも、よほど他の方が勝ってくれた方がいい気がしてきた」とコメント。しかし最後の方では「とにかく、目の前の勝負に全力投球。参加者みんなそうだと思いますから、気持ちの一瞬のよそ見が負けにつながる。集中!」と意欲を見せていた。

 

“リアルカイジ”など曲者揃いの出場者

大浦のブログにも書かれていた通り、他の出演者も負けず劣らずの曲者揃い。原作の主人公と同じ名前を持つ“リアルガチカイジ”の澤田開士(さわだかいじ)や、福本伸行公認のカイジモノマネ芸人・伊藤こう大なども登場する。具体的なゲームの内容は明らかにされていないが、出演者の情報を見ただけで「これはすごいことになりそうだな… 原作超えてる」「有名な芸人とかでお茶を濁さないあたり本気だな」「数人笑えないレベルのプロフィールの人がいるな。これ地上波で大丈夫なのか?」と衝撃を受ける人が続出している。

 

しかし一方で「原作のように死んだりすることはなさそうだし、存分に稼いでもらいたい」との声も上がった。ゲームによる身体的なダメージなどが無いことは既にアナウンスされており、原作のように耳を切り落としたり鉄骨から落ちたりすることはなさそう。10月15日には有吉弘行もラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN PARK)で、「敗者に負債も発生しないでしょうけど、イジられることは間違いない」とコメントしている。

 

放送当日はどのような勝負を繰り広げてくれるのか、出演者の人生逆転を見届けよう。

「これ地上波で大丈夫なのか?」 バラエティー番組「人生逆転バトル カイジ」の出場者にざわつく人々キャプション