『さようなら原発10万人集会』が16日、東京・渋谷区の代々木公園で開催され、17万人が集結。メーン会場では、音楽家・坂本龍一(60)、ノーベル賞作家・大江健三郎氏(77)、ロックバンド『LUNA SEA』のギタリスト・SUGIZO(年齢非公表)らが、脱原発を訴えた。

 坂本は胸に『NO NUKES』(原発はいらない) と書かれた長袖のTシャツ姿で登壇し、70年に全原発が停止し、再稼動する際の同所での抗議行動にも参加したことに触れ、「42年前、ここにいました。久しぶりに声を上げ、感無量です」と、感慨深げ。今月6日には首相官邸前でのデモに加わり、同7日、8日には幕張メッセで、脱原発をテーマにした音楽フェス『NO NUKES 2012』を開催するなど一貫して行動してきた坂本は、「たかが電気のために、なんで命を危険にさらさなければいけないのか。美しい日本、国の未来である子供の命を危険にさらすべきではない」と、強い口調で語った。

 17日付の日刊スポーツ、スポーツニッポン、デイリースポーツ、サンケイスポーツ、東京中日スポーツ各紙が報じており、大江氏は「原発事故がなお続く中で、関西電力大飯原発を再稼動させた政府に、侮辱されていると感じる」、SUGIZOは「国民の理想や希望を無視して、政治が勝手に動いている」とそれぞれ政府を批判。

 この日は、最寄のJR原宿駅から代々木公園に向かい、黒山の人だかりとなり、最高気温が33度という暑さの中、17万人の参加者たちが「原発反対!」と声を張り上げ、都内3コースをデモ行進した。警備にあたった警視庁は約7万5000人と発表している。