お金で解決のイメージが最も強い有名人の一人である高須クリニックの院長「高須克弥」さんですが、今回とんでもないお買い物をして話題となっております。価格は3000万円ということでかなり高額なものです。フェラーリーや家ではなくとある歴史的な価値のあるものだということですが、一体どんなものなのでしょうか。
ー落札した様子

さて今回高須克弥さんが落札したものは「昭和天皇独白録」というもので、昭和天皇が戦前、戦中の出来事に関して1946年(昭和21年)に側近に対して語った談話のまとめ文書です。その原本が、ニューヨークで競売に掛けられ、手数料含め27万5千ドル(約3090万円)で落札されたということです。その瞬間を高須克弥さんはツイッターで報告しており、名前は出ていないものの、この巨額の落札劇が一斉に報じられました。

ネットでは「スゴイことです」「本当に凄い方ですね」「日本国民の一人として感謝申し上げます。」など祝福メッセージと共に日本人が落札したことの悦びを分かち合うユーザーも多いようです。
さて気になるのはこの歴史的な価値のある独白録を今後どのようにしていくのかは注目ではありますが、個人で購入したということであれば、一般公開せず密かにしまわれる事も考えられます。

できれば一般にも披露してもらいたいものですが、恐らくこの後高須克弥さんは、次なる宝を求め準備を始めるのではないかと思われます。

(秒刊サンデー:たまちゃん

画像が見られない場合はこちら
高須院長3000万円の「昭和天皇独白録」落札をツイッターで報告!