トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と認定したことを受け、国連安保理は8日午前、緊急会合を開くことを決めた。一方、国連のグテレス事務総長は6日、会見で「イスラエルとパレスチナの和平の見通しを危険にさらす、いかなる一方的な措置にも常に反対してきた」と述べた。米国の政策変更を非難した形だ。