昔から言い伝えられてきた教訓や風刺の意味を持った短い言葉「ことわざ」、わかりやすいものから意味のわかりにくいものまで様々ですね。
いわゆる「先人の知恵」なので役立つものが非常に多く、中には全に直球表現なものも存在します。

そこで今回は「例えが的確すぎると思うことわざ」をアンケートランキングにしてみました。
一番どストレートな例えの「ことわざ」とは、一体どのようなものだったのでしょうか?

1位 聞は一見に如かず
2位 時はなり
3位 二を追う者は一をも得ず
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「聞は一見に如かず」!


紀元前の中国将軍が残したとも言われている、「聞は一見に如かず」が堂々の1位きました。
読んでそのまま、他人から何度聞いても自分で一度見ることに勝るものはないというこの言葉、まるでネットによって情報が溢れかえっている現代を風刺しているかのような重みがありますね。

2位は「時はなり」!


100ドル幣の肖像になっている人が残した格言、「時はなり」が2位を獲得しました。
「時間はお金のように重なので浪費しない様に」といった意味で捉えられていますが、この言葉を残したベンジャミンフランクリン的には「時間を浪費すれば得られるはずだった賃が得られない」という、バリバリビジネス格言のようです。

3位は「二を追う者は一をも得ず」!


「一石二」の対義としても有名な、「二を追う者は一をも得ず」が3位にランクインしました。
ローマことわざ、あるいは人文義者デジデリウス・エラスムスの格言から生まれたと考えられるこの言葉、「同時に複数を狙うと結局何も得られない」という世界のシビアさを教えてくれています。

いかがでしたか?
調べて見てTOP3が全て日本国外から仕入れられた言葉だと知り、結構ビックリしました。

今回は「例えが的確すぎることわざランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位~49位のランキング結果もぜひご覧ください!

調方法:gooランキング編集部が「リサーチプラスモニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30男女250名:複数回答)
調期間:2017年10月19日2017年10月19日
例えが的確すぎる「ことわざ」ランキング