7日に23歳の誕生日、ミーシャ・ジー、ナム・グエンら世界の選手たちも祝福と激励

 フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)が7日、23歳の誕生日を迎えた。SNS上では織田信成氏が羽生との“添い寝2ショット”の写真とともに祝福のメッセージを送っていたが、世界のスケーターもお祝い。「プーさん好きの相棒へ、誕生日おめでとう」「君は今までで一番強くなって帰ってくる!」などと祝福と激励の言葉が贈られている。

 リンク外でも仲が良いミーシャ・ジー(ウズベキスタン)は「プーさん好きの相棒へ、誕生日おめでとう」とユーモアを交えて投稿。右足首の故障から復活を目指す世界王者に対し、「みんな君と一緒だよ。そして当たり前だけど、君は帰ってくる、今までで一番強くなってだ! ベアブロ(別名スティッチ)より」と、スティッチ好きで知られる26歳は粋なエールを送った。

 また、同じブライアン・オーサーコーチの下で師事していたこともあるナム・グエン(カナダ)は「ユヅ、最高の誕生日を! 早く良くなって、オリンピックへの準備が整いますように!」とつづり、金メダルの本命に挙げられる平昌五輪を万全の状態で迎えられるように祈りを捧げていた。

 羽生の誕生日を巡ってはプロスケーターの織田氏も「今年は僕のエンジェルボイスハッピーバースデーを聴かせてあげられなくて残念やけどとにかくおめでとう!健康を祈ってます」と投稿。ねそべって目を瞑った織田氏の後ろから、添い寝するようにした羽生が織田氏の顔の横でピースを作り、ほほ笑んだおちゃめな写真を掲載。2人の仲の良さが伝わる写真に反響を呼んでいた。

 ファンの間でも「#羽生結弦誕生祭」のハッシュタグで祝福の輪が広がり、日本のみならず、世界のスケーターからも愛され、バースデーの祝いを受けた羽生。11月に負った右足首負傷のリハビリ中というさなかに23歳を迎えたが、大目標の平昌五輪では力強く復活を飾ってくれるはずだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

羽生結弦【写真:Getty Images】