留学や仕事などを理由に、日本で暮らす中国人は少なくないが、日本中国の生活で最も違う点の1つとして「ゴミ」の対応が挙げられるだろう。自治体によって対応は異なるものの、日本では庭で出たゴミは分別して捨てることが一般的なルールであり、分別のルールが守られていない場合はゴミを回収してもらえないこともある。

 中国では集合住宅の出入り口付近にゴミ捨て場があるものの、分別をせずに何でも1つの袋に入れて捨てる人が多く、リサイクルという概念も基本的には存在しない。リサイクルをしている人といえば、資ゴミを回収することを生業としている人くらいではないかと思うほど、中国ではリサイクルが徹底されていないのが現状だ。

 中国メディア今日頭条はこのほど、日本ゴミ分別のうち「ビン」の扱いについて紹介する記事を掲載し、ビンをリサイクルする流れを見れば日本人環境保護意識がいかに高いかよくわかると伝えている。

 記事はまず、日本ではビンのリサイクル方法が2種類あり、1つは洗浄・殺菌して再利用する方法と、もう1つは回収後に破砕して新たにビンを作る方法があると紹介。資駄にせず、ビンは回収されたのちに再利用されているのだと紹介した。

 続けてビンのリサイクル工場を写真とともに紹介。工場は清潔に整っていて、回収されたビンはリサイクルに向けて作業員が1つ1つの工程を進めていき、再度利用できるよう徹底して作業を行うのだと紹介。ビンという身近なものでも、日本では1つの資として扱われ、決して駄にはされていないことを強調している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供123RF

ビンのリサイクルを見れば「日本人の環境保護意識がわかる」=中国報道