TENGAヘルスケアが、“オナニー国勢調査”として、「全男性自慰行為調2017」の結果を発表。男性自慰行為事情が裸々になり、ネット上でもおおいに話題になっている。

インターネットによる調で、調期間は2017年9月25日9月28日。調現在マスターベーションを行う頻度が「2~3カに1回程度」以上と答えた、全の15~64歳の男性5279人。

調ブラックボックス化した男性マスターベーションの実態解明をすもので、結果ではバラエティに富んだその実態の一部と、「射精」の原因となる不適切なマスターベーションが自覚で行われていることを紹介。

例えば「都道府県マスターベーション頻度ランキング」では、1位 神奈川県(週3.77回)、2位 兵庫県(週3.65回)、3位 静岡県(週3.45回)という結果に。ちなみに、全均は週2.94回で、最下位は徳島県の週1.95回。

マスターベーション時の姿勢ランキング」では、1位は「椅子に座る」(33.6)。2位以下「仰向け」(27.9)、「横寝」(12.1)、「あぐら」(11.5)、「うつ伏せ」(4.4)と続く。少数としては「立った状態」(4.3)「膝立ち」(2.9)「正座」(2.6)「四つん這い」(0.4)という人も。

また、「マスターベーション時に見るものランキング」ではダントツが「実写アダルト動画無料)」で、79.5を占めた。やはり無料が強いのか、「実写アダルト動画(有料)」は2位につけているものの、その割合は17.7。以下、「妄想のみ」(13.1)、「アダルトマンガ」(9.9)、「アダルトアニメ無料)」(8.4)が続いている。ただしこれは世代によっても事情は異なるようで、「アダルトマンガ」の割合は10代が突出。「実写アダルト動画(有料)」のコアユーザー3040代ということも明らかになった。なおそれらの閲覧に利用するものは、30代をに、それより若い世代はスマホメイン。それより上の世代はPCメインのようだ。

そして調は、「普段やっているマスターベーションの方法」にも及ぶ。同サイトでは、結果のなかで注すべきは「脚をピンとさせた状態で行う(通称:脚ピン)」、「布団や畳、床などにこすりつける(通称:床オナ)」といった方法を、10〜30代の10人に1人以上がおこなっている点であるとし、「これらの方法は、の中で射精できない『射精』を引き起こす恐れのある、不適切なマスターベーションと医師も警鐘を鳴らしています。しかもその不適切なマスターベーションを行っている男性の多くは、その方法を『普通だ』と思っており、これは大変危険な状態といえます。」と警鐘を鳴らしている。

この結果に、Twitterでは、

“全均週に3回とか少なすぎでしょ・・・”
“最大平均頻度が週3.7回とかうせやろ。少なすぎ”
オナニーの全頻度週2.94回って自分半日でそれ上回るんだが?”

と、回数が少ないというが続出。その他

“こ、これは…。さすがらがTENGAの調マスタベーション時の姿勢で椅子に座るが33しかいないことが衝撃的すぎる”
あぐらでオナニーって上級者すぎるww見たいわ”

などと驚くや、

“脚ピンってダメなんだぁ・・・やばいなぁ”
“これは勉強になった。”

というも。

結果報告では泌尿器科医の小堀善友氏のコメントとして、不妊治療の現場では、の中で射精できない、と訴える射精の患者が増えていることを紹介。その原因の7割は「床オナ」などの不適切なマスターベーションであることが報告されているという。また、日本射精の患者数は、潜在患者も含め約270万人(成人男性の約20人に1人)と推定されているそう。

今回の結果に正しい知識をつけることが大切だと思った男性も少なくなかった?

賀 太)

■関連リンク
オナニー国勢調査(全男性自慰行為調 2017) | TENGAヘルスケ
https://tengahealthcare.com/special/report/

小堀氏は「適切なマスターベーションの啓発が必要」と呼びかける ※この画像はサイトのスクリーンショットです