エルサレムをイスラエルの首都と認めるトランプ米大統領の決定について、バノン前大統領首席戦略官は6日、「昨年の大統領選で掲げた公約を誠実に履行するもの」と述べ、内政的な動機が最大の理由との考えを示した。ワシントン市内で面会した自民党の河井克行総裁外交特別補佐に語った。