【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮を訪問中の国連のフェルトマン事務次長(政治局長)は7日、李容浩外相と会談した。会談内容は伝えられていないが、フェルトマン氏は北朝鮮の核・ミサイル開発の自制を促す一方、米国などとの対話に向け、国連が仲介役を果たす意向を伝えた可能性がある。