三菱は、12月7日〜9日まで一般社団法人産業環境管理協会と日本経済新聞社が主催し、東京ビッグサイトにおいて開催される、環境・エネルギーの総合展示会「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」にブースを出展する。

三菱自動車 エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展 [第19回]に出展 ブースイメージ

三菱ブースでは、環境に優しいプラグインハイブリッド車の「アウトランダーPHEV」を展示。そのほかにも、環境をはじめ、持続可能な社会の実現に向けた、三菱が行なっている取り組みについてが紹介される。

また、プラグインハイブリッド車(PHEV)や電気自動車(EV)といった電動車両について、クイズ形式で考えながら楽しく学び、また自分が乗ってみたい電動車両のデザインをポストカードに描くといった、小中学生向けのワークショップも開催される。

「エコプロ2017〜環境とエネルギーと未来展」の詳細については公式サイトを参照。

三菱自動車 エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展 [第19回]に出展  アウトランダーPHEV

「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」概要

開催時期:2017年12月7日(木)〜12月9日(土)10:00〜17:00
会場:東京ビックサイト 東1〜5ホール(三菱ブース出展場所 東4ホール・小間番号4-041)
入場料:無料(登録制)
主催:一般社団法人産業環境管理協会、日本経済新聞社