7日に開かれた毎日スポーツ人賞の表彰式は、グランプリに輝いた21歳の桐生祥秀をはじめ、若いエネルギーを感じさせる舞台となった。新人賞の22歳、聴覚障害競泳の藤原慧は「僕らのスポーツの認知度を高めたい。障害者でも対等に戦えることを証明したい」と目を輝かせた。同賞で聴覚障害の選手が受賞するのは初めて。

新人賞を受賞したデフリンピック水泳の藤原慧さん=東京都文京区で2017年12月7日午後1時23分、和田大典撮影