フィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルは7日、名古屋市の日本ガイシホールで開幕し、男子ショートプログラム(SP)は須本光希(大阪・浪速高)がすべてのジャンプを成功させて自己ベストの77.10点をマークし、3位発進した。首位はアレクセイ・クラスノジョン(米国)で81.33点。

【フィギュアGPファイナル】ジュニア男子SPで演技する須本光希=名古屋市南区の日本ガイシホールで2017年12月7日、宮間俊樹撮影