サッカーの東アジアE-1選手権(旧称東アジア・カップ)は8日、千葉・フクダ電子アリーナで開幕し、女子で3大会ぶりの優勝を目指す日本(なでしこジャパン)は韓国と対戦する。日本は7日、試合会場で公式練習し、高倉麻子監督は「日本がまた立ち上がり、世界一を目指す姿勢を見せたい」と抱負を語った。

 2019年女子ワールドカップ(W杯)の予選を兼ねる来年4月のアジア・カップの前哨戦。国際連盟(FIFA)ランキングは日本が8位、韓国が15位で、対戦成績は日本の14勝9分け4敗。

 大会は4チームの総当たり戦で、日本開催は7年ぶり。男子は9日に東京・味の素スタジアムで北朝鮮と対戦する。