2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの最終候補3作品が7日に発表され、未来を担う小学生たちが大会の盛り上げに一役買うことになった。組織委は各クラスに1票を与える投票で、最多の票を得た作品を選ぶ方式を初めて採用した。日本が五輪でマスコットを採用するのは、夏季五輪では初となる。