ロシアのプーチン大統領(65)が6日、任期満了に伴う来年3月18日の大統領選への再出馬を表明した。再選が確実視され、任期は2024年5月まで。「4期目」は大統領としての最後の任期。71歳となる任期切れまでの後継体制作りと退任後の処遇が問題となるが人事などで人々の関心を引き寄せ続けるとみられている。

ボランティアの集会で講演するロシアのプーチン大統領=モスクワで2017年12月6日、AP