調印から8日で30年となる米国とロシアの中距離核戦力(INF)全廃条約が存続の危機を迎えている。米露が互いに「条約違反だ」と非難合戦を展開している。ロシアによる「米国側のINF全廃条約違反」の主張には、日本が配備を計画するミサイル防衛(MD)システム「イージス・アショア」への批判も含まれている。