ソニー・インタラクティブエンタテインメントSIE)は、同社が販売するプレイステーション4が、2017年12月3日時点で、全世界の累計実売台数が7060万台に達したことを発表した。合わせて、プレイステーション VRの全世界累計実売台数が、同じく12月3日時点で、200万台を突破したことも明らかにされた。

 また、SIEによると、プレイステーション4向けタイトルの実売本数は、販売店およびプレイステーションストア(PS Store)の累計が、2017年12月3日時点で6億1 780万本をえたとのこと。さらに、プレイステーション VR向けには、全世界150の専用・対応タイトルが発売され、実売本数は1220万本を突破した模様だ。






【画像1点】「プレイステーション4が世界累計実売7060万台を突破、プレイステーション VRは世界累計実売200万台に!」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 この件に関して、SIE 会長 アンドリューハウス氏から、以下のコメントが寄せられている。

 「PS4とその魅をさらに高めるPS VRによるエンタインメント体験を、多くの皆様にお楽しみいただき大変嬉しく思います。1994年発売の初代プレイステーションPS)以降、各PSラットフォームはそれぞれの進化を遂げ、世界最大級の庭用エンタインメントシステムとして成長することができました。めてユーザーの皆様、そしてパートナー各社様に心より感謝いたします。SIEは引き続きパートナー各社様と連携を密にしながら、PS4を一層盛り上げてまいります。最高の遊び場としてますます魅を高めていくPS4に、今後も是非ご期待ください」(会長 アンドリューハウス

 また、SIEでは、今後もPS4には、『ディシディア ファイナルファンタジー NT』(スクウェア・エニックス)、『モンスターハンター:ワールド』(カプコン)、『龍が如く極2』(セガゲームス)、『ゴッド・オブ・ウォー』、『ワンダと巨像』(SIE)など、幅広いジャンルタイトルが発売予定であり、PS VRにも『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』(ベセスダ・ソフトワークス)、『ホームスターVR for PlayStation VR』(ポケット)、『Bravo Team』(SIE)など期待のゲームタイトルや、VR特性を生かした新しい映像体験を楽しめるコンテンツが、2018年末までに130本以上発売予定であると紹介している。

 「SIEは、これからもより多くの皆様にプレイステーション世界をお楽しみいただくため、PS4およびPS VRの更なる普及、拡大を強に推進してまいります」(リリースより)とのことだ。


プレイステーション4の売数量は、SIE調による推計値。日本は、2014年2月22日から2017年12月3日までの数値、北2013年11月15日から2017年12月2日まで、ラテンアメリカ2013年11月29日から2017年12月2日まで、欧州2013年11月29日から2017年12月3日まで、アジア2013年12月17日から2017年12月3日までの数値となる。
プレイステーション VRの実売数量は、SIE調による推計値。日本は、2016年10月13日から2017年12月3日までの数値、北2016年10月13日から2017年12月2日まで、ラテンアメリカ2016年10月13日から2017年12月2日まで、欧州2016年10月13日から2017年12月3日まで、アジア2016年10月13日から2017年12月3日までの数値となる。
プレイステーション4ソフトの実売数量は、SIE調による推計値です。日本は、2014年2月22日から2017年12月3日までの数値、北2013年11月15日から2017年12月2日まで、ラテンアメリカ2013年11月29日から2017年12月2日まで、欧州2013年11月29日から2017年12月3日まで、アジア2013年12月17日から2017年12月3日までの数値となる。追加コンテンツは含まれない。