ウェザーニューズは、3大流星群の1つである「ふたご座流星群」の見ごろとなる14日夜から15日明け方の全国の天気傾向を発表しました。日本海側は雲が広がりやすいものの、太平洋側は晴れて好条件となりそうです。

【画像:ふたご座流星群の放射点はココ】

 14日夜から15日明け方は冬型の気圧配置となり、雲の少ない太平洋側や沖縄・奄美では流星観測に期待ができます。日本海側では雲の隙間から観測を狙う形となり、九州南部・北陸・北日本の日本海側では観測が難しくなりそうです。また、この時期としては寒さは控えめとなる予想ですが、晴れるエリアでは放射冷却現象で冷え込みが強まるため、寒さ対策も必要です。

 「ふたご座流星群」は早い時刻から流星が出現しはじめ、ほぼ一晩中流星が出現。今年は出現ピークが新月直前に当たるため、月明かりの影響を受けない絶好の条件で観測できます。特に放射点が空高く上がる21時以降の観測がオススメです。

 また、ウェザーニューズは「ふたご座流星群」の様子を14日20時から22時30分まで流星特別番組で国内3カ所から生中継。番組はウェザーニューズのサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!などでみることができます。

太平洋側なら見えやすい