文・取材:しんのすけ

 2017年12月7日に東京・秋葉原にて、“Fate/Grand Order Arcade ゲーム機お披露目会”が開催。その後、メディア向けに『Fate/Grand Order Arcade』のプレイ体験会も行われた。本記事では、スマートフォン向けRPG『Fate/Grand Order』(以下、『FGO』)もガッツリとプレイしており、アーケードゲームも大好きな本誌編集者が、ロケテスト版『FGO Arcade』を触ってみてのプレイリポートをお届け。


※掲載されているゲーム画面およびカードに関しては、開発中のものとなりますので、製品版と異なる場合があります。


【画像37点】「『Fate/Grand Order Arcade』シンプルさと奥深さの共存――これはアーケードゲームだ【プレイリポート】」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 どうも、ファミ通編集部のしんのすけです! いよいよ『FGO Arcade』のロケテスト前夜! と言うことで、メディア向けのプレイ体験会に参加してきました。今回は、本作を実際に触ってわかったことや感じたことをお伝えしていきたいと思います。ちなみに、プレイできたのは“チュートリアル”と“対戦”、そして物理カードが手に入るお楽しみの“召喚”で、プレイ時間にすると約20分ほど。そのため、がっつりとやり込んでの感想ではなく、プレイの流れを写真でお見せしつつのファーストインプレッションだと思ってお読みいただけると幸いです!


 ゲーム開始時に、Aime(アイミー)というICカードを読み込ませれば、プレイヤーネームや性別などが決められます。その後は画面の指示通りに進めば、チュートリアルが始まります。


 チュートリアルはマシュがやさしくゲームの基本操作を教えてくれるというもの。本作は、基本的にはひとつのボタン(アタックボタン)を連打するだけで攻撃が行えるので、格闘ゲームのような複雑さはありません。アーケードゲームをこれまでプレイしてこなかった人でも、すんなりと楽しめるようになると思いますよ。そのほか、詳細な操作や画面の見かたは下記の公式サイトでもしっかりと説明されているので、チェックしてみてください。

『Fate/Grand Order Arcade』公式サイト


 チュートリアル終了後は、対戦に。前述の通り、ここで備え付けの物理カードを読み込ませてパーティを編成します。


 そしていよいよ対戦へ。敵味方が3対3に分かれて戦う本作では、味方と協力して敵チームのサーヴァントを倒し、“撃破ゲージ”を増やすことが目的です。序盤こそ、宝具ボタンとアタックボタンを押し間違えたりしましたが(笑)、操作性がシンプルなため、すぐに慣れました。


 今回、プレイしてみていちばん最初に感じたのは、ボタンが少ないゆえのわかりやすさ。いわゆる間口の広さです。敵の撃破が勝利条件に直結するという理由も相まって、初プレイでもかなり早い段階でゲームに慣れることができました。また、それでいて単純なゲームかと言われると、決してそんなことはなさそうで、画面をタッチしてコマンドカードを任意に3枚選んだり、味方の動きを見て狙う敵を決めたり、敵の攻撃に合わせてガードをしたりとやり込めば見えてくる“深さ”のようなものかなーと。ここに、自分でパーティを編成する戦略性や、聖杯を巡る攻防などが絡んでくれば、かなり骨太なアーケードゲームになると、僕は思いました。2017年12月8日~10日のロケテストは、すでに事前申し込みが終了していますが、期間中に秋葉原ではスタンプラリーやコラボカフェなども開催されていますので、見物がてら足を運んでみてはいかがでしょうか?

“FGO秋葉原祭り2017”公式サイト