女優の清野菜名が、黒柳徹子の半生を演じるテレビ朝日系ドラマ『トットちゃん!』(毎週月~金曜12:30~)では、12日放送の第52話で、現在も続く長寿トーク番組『徹子の部屋』の初回シーンが登場する。

1976年2月2日に放送された『徹子の部屋』の初回ゲストは、故・森繁久彌さん。森繁さんを演じるのは、黒柳と親交の深い近藤真彦で、11月24日放送の第40話に初登場したが、視聴者からは「すごくカッコいい」「いい感じ!!」「歩き方まで似せてる!」と反響が集まっていた。

近藤は、森繁さんが出演した初回の映像を、数えきれないほど繰り返し見て研究。名曲「知床旅情」を歌い上げるなど、熱演を披露することになっており、「セクシーなところは、少し出せたかな。知的で品のある部分は、もう少し時間がかかりそうです。いい勉強になりました」と話している。

黒柳本人は「森繁さんを、若いマッチが、どうやってやるのかなぁ?と思っていました。でも、考えてみたら、今のマッチは、初めてお会いした森繁さんの年齢を越えているんだということに気がつきました」といい、「ドラマを見ていて、久しぶりに森繁さんにお会いしたような、懐かしい気がしました」とコメントを寄せた。

画像提供:マイナビニュース