東京都江東区の路上で富岡八幡宮宮司の富岡長子さん(58)らが刺され3人が死亡した事件で、富岡さんを襲った弟の茂永容疑者(56)が現場に一緒に来た30代くらいの女を殺害した後、自殺していたことが8日、警視庁への取材で分かった。同庁は富岡さんとの間に何らかのトラブルがあったとみており、茂永容疑者と女を殺人などの疑いで容疑者死亡のまま書類送検する方針。

 同庁捜査1課によると、事件は7日午後8時25分ごろ発生。江東区富岡の富岡八幡宮近くの路上に止めた車から富岡さんが降りたところ、陰に隠れていた茂永容疑者が持っていた日本刀でいきなり富岡さんの首や胸を切り付けた。

 茂永容疑者と一緒に来た女は、逃げた富岡さんの男性運転手(33)を追い掛けた。約100メートル離れた路上で襲い、右腕や胸にけがをさせた。運転手の命に別条はない。

 襲った2人はその後、八幡宮の敷地内に移動。茂永容疑者が刃物で女の胸や腹などを刺した後、自分の左胸付近を数カ所刺した。一連の行動は現場付近の防犯カメラに映っていた。2人は夫婦とみられる。