【ベルリン時事】ドイツの国政第2党、中道左派・社会民主党は7日、ベルリンでの党大会で、メルケル首相率いる保守系のキリスト教民主・社会同盟との次期政権協議に応じると決めた党幹部会の方針を賛成多数で承認した。両党は来週、交渉を開始する見通し。

 同盟は両党の大連立継続に前向きだが、社民党内には警戒感がある。社民党のシュルツ党首は「何が何でも政権に入ろうとするのは良くないが、参加を断固嫌がるべきでもない」と演説し、是々非々で交渉に臨む姿勢を示した。