愛知県警とソフトバンクなどは、架空請求などの詐欺メールに使われた電話番号をデータベース化し、スマートフォンの迷惑メール振り分けに活用するサービスを提供している。全国初の取り組みで、9月からiPhone向けに始め、7日からは基本ソフト「アンドロイド」のスマホでも利用できるようになった。