『ドラゴン桜』の続編『ドラゴン桜2』を手がける漫画家の三田紀房氏が模索する働き方改革がYahoo!ニュースに取り上げられ、話題となっている。

同サイトの取材によれば、三田氏は職場環境を整え、業務効率化を進めているところ。例えば、アシスタントの勤務時間は9時30分から18時30分までで、週休3日、残業は禁止。長期休暇を含め、年間約160日の休みが与えられている。職場には食べながらダラダラと仕事をしがちなお菓子を置かず、スタッフたちと食事をとることもほとんどなく、決まった休憩時間も設けていない。そのため、仕事に集中することができるという。

また『ドラゴン桜2』では、背景や人物など、絵を描く作業は「すべてデザイン会社に外注」。もちろん「外注スタッフには自分の絵の描き方を徹底的に教え込み、それを忠実に再現できるレベルまで引き上げ」ている。三田氏は「シナリオを作って、構成をして、終わり」だ。つまり分業体制をとり、漫画をつくる一つのシステムを構築すれば、業務の効率化につながるというわけである。

この働き方に、Twitterでは、

“原稿料は全てデザイン会社に渡して、印税は自分って感じになるのかな。既に人気作家ならアリかもなあ。”
“絵は描かない。背景だけでなく人物も外注。個人的にはこれでもべつに構わないと思ったりする。”

など、ナルホドという声や、

“理想的な職場やんけ
尊敬する”
“すべての業界において、このやり方は理想的。クリエイティブ特化型のスキームは今後の「勝ち組」の成功法の1つになるでしょうね。”

と理想だとする声があがる一方で、

“IT企業的に元請けがホワイトで下請けになるほどブラックということにならなきゃいいけど。”
“外注先がブラック化するだけでは”

など、外注先の労働環境を心配する声もチラホラ。ともあれ、“過酷な労働”というイメージがつきまとうマンガ家業界の革命となるか。

(花賀 太)

■関連リンク
週休3日、残業禁止、「作画完全外注」――漫画家・三田紀房が「ドラゴン桜2」で挑む働き方改革 – Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/feature/824
2018年、『ドラゴン桜2』連載決定!公式メルマガ配信スタート!‐三田紀房 公式サイト
https://mitanorifusa.com/news/323

働き方だけでなく、これからの日本の教育改革にも漫画で切り込んでいくという ※この画像はサイトのスクリーンショットです(三田紀房 公式サイトより)