通信インフラサービスを取り扱うALL CONNECT(オールコネクト、福井県福井市)は2017年11月、インターネットを通じて「仕事に関する充実度調査」をテーマにしたアンケートを行った。


2016年に続いて行われたもので、20~60代の有識者を調査対象に、同社のある福井県在住者と、福井以外に住む各200人(計400人)から回答を得た。

福井県民の幸福度は「5.99点」

働く目的についての質問では、男性が「家族のため」と答えた割合が、福井在住者が59.9%。それ以外に住む人が49.3%だったことから、10ポイント以上の開きが出た。オールコネクトは、この結果を「福井県在住の男性はより家族想いなのかもしれません」と分析している。

「働きやすさ」の基準を聞くと、両地域・男女合わせて「人間関係が良好である」が73.5%でトップになった。前年の調査結果と比較すると、男性は「有給休暇を取得しやすい雰囲気である」が11ポイント増、女性は「働きたいと思える仕事(会社)である」の16.4ポイント増などが目立った。

また、働くうえでの「幸福度」を10点満点で表してもらうと、福井在住者が平均5.99点(16年は5.94点)、福井以外在住者が5.82点(同5.76点)となり、前回に引き続き「福井県在住の方が幸福度が高い」結果となった。

画像はイメージ