【ワシントン時事】サンダース米大統領報道官は7日の記者会見で、トランプ大統領(71)が年明けの早い時期に米軍の医療センターで健康診断を受け、その結果を公表すると明らかにした。

 トランプ氏は昨年の大統領選中に健診結果を公表しているが、今年1月の就任後は初めてとなる。歴代の米大統領も健診結果を公表している。

 トランプ氏は6日の演説で、エルサレムをイスラエルの首都と認めると発表。その際の発音がやや不明瞭で、演説最後の「米国に神の祝福を」の部分でろれつが回らないように聞こえたことから、体調に問題があるのではないかと一部のメディアが指摘していた。

 体調不安の観測について、サンダース氏は「ばかばかしい」と一蹴。発音に関しては「大統領はのどが渇いていただけだ」と強調した。