【元記事をASCII.jpで読む】

 2017年もあとわずか。師走という言葉どおり編集部では慌ただしい日々が続いており、今はのんびりダラダラと過ごす正月を夢見て毎日を過ごしている。ただ、毎年仕事を納めてから正月にかけて、いくらダラダラと過ごすといってもさすがに暇すぎて何をしてよいのかわからくなる。そこで今年は、まだ遊んでいないゲームを始めてみようと考えている。

新作MMORPG「BLESS」はストーリーが面白いってよ

 実はだいぶ前から、ドはまりできるゲームはないか……と探していたが、あまり心に刺さるゲームが見つからずに過ごしていた。そして最近、1つのゲームにたどり着いた。まだサービスを開始して間もない新作MMORPG「BLESS」だ。サービス開始前から、編集部の同僚たちがざわざわと「BLESS」の話をしているのを聞いていた。どうやら、昔からMMORPGをプレーしていた人たちが、「BLESS」に注目しているようだった。「ベータテストやったんだけど、昔のMMORPGの良さがちゃんとあるんだよねー」と先輩は語っていた。

 それはいいことを聞いたと思った。私も中学から高校生にかけて、MMORPGをプレーしていた。懐かしいあの頃を思い出すような、そんなMMORPGなら遊んでみたいなと感じた。それから月日が立ち、CBT2に参加したり、仕事でプロデューサーにインタビューにいったり(関連記事)しているうちに、どんどん興味が沸いていった。そして、段々と「BLESS」に関する情報を集めていった。

 調べていくうちに、どうやら「BLESS」はストーリーに力を入れているらしいという情報が入った。私が「BLESS」をプレーしてみたいと感じた1番の理由だ。MMORPGは、PvPコンテンツやダンジョン、レイドボスに力を入れているタイトルが多く、ストーリーは序盤にこの作品はどんなMMORPGかを説明するためにあったり、アップデートや新キャラの登場の際にちょっと楽しめたりする程度というイメージが強い。

 ダンジョンはまだしも、PvPコンテンツやレイドボスに挑戦するには、時間をかけてレベルをそこそこ上げなくてはいけない。社会人となって、プレーする時間も昔ほど多くないので、そういったコンテンツにたどり着くまでにやめてしまうことが多かった。だが、ストーリーがしっかりしていれば、楽しみながらレベルがあげられる。これはプレーするしかない! と正式サービススタートを待っていた。

グラフィックスが素晴らしいからこそ最高設定で遊びたい

 11月2日、「BLESS」の正式サービスがスタートした。これは正月といわず、すぐに初めてみよう! と思ったが、1つ問題があった。自宅で使っているパソコンが古く、最高のグラフィックスで「BLESS」を堪能できなかったのだ。「BLESS」には設定が大きく1~5まであり、自宅のパソコンでは2か3で精一杯だった。せっかくガッツリ始めるなら、設定5で快適に遊びたい。そこで、一念発起してパソコンを一新することにした。

「BLESS」が設定5で快適に動くパソコンを自作
不安なのでショップ店員さんに相談した

 以下が「BLESS」の必要動作環境で、この推奨動作環境以上のスペックでパソコンを組みたいと思ったが、かなり久々な自作なのでいざ秋葉原まで足を運んだものの、ちょっと不安だった。しばらくふらふらと電気街をさまよっていて目にとまったのが、ドスパラ秋葉原本店。もう、ショップ店員に聞くのが一番早いと思い、入店して店員さんに話しかけた。

 対応してくれたのは、店長の黒川 裕大氏。「BLESS」が快適にプレーしたいということと、推奨スペックを伝えると、1つ1つパーツを推薦してくれた。

 まず、CPUは第8世代Coreプロセッサー(コードネーム:Coffee Lake)のCore i7-8700K(3.7GHz)。推奨スペックはCore i7-7700だが、第8世代は前世代と比較して結構性能がアップしているので、ここは新世代をチョイス。もし価格を抑えたいのであれば、Core i7-7700もしくはCore i7-8700でもOKだ。CPUに合わせて、マザーボードはASRockの「Z370 Pro4」を選んだ。

 CPUを上位モデルにしたので、冷却もこだわりたい。そこでオススメしてもらったのが「虎徹 MarkII(SCKTT-2000)。ニッケルメッキ処理済みの銅製受熱ベースや6mm×4のヒートパイプを採用。価格がお手頃なのもうれしい。

 CPUの次は、グラフィックスカード。推奨スペックはGeForce GTX 1060だが、最新のGeForce GTX 1070 Tiが気になっていたのでPalitの「NE5107T015P2-1043D」に決定。9cmのファンを2つ搭載し、ハニカムブラッド構造を採用しているため、GPUが生成する熱を効率よく排熱してくれる。こちらも、GeForce GTX 1060でも大丈夫だが、できればVRAMは6GBのほうがいい。

 CPUとグラボは予算的にがんばったので、メモリーは推奨スペックどおり16GBメモリーに。オススメされたのは、見た目がカッコいいCorsairの「Vengeance LPX」シリーズ。アルマイト処理を施した特殊ヒートスプレッタを採用し、高い熱放散性能を実現するのが特徴。また、工場でテストとスクリーニングを実施し、厳しい基準をクリアしているのも選んだ理由の1つだ。

 ストレージはSSDを選択したが、予算が危なくなってきたので、価格も手ごろなPalitの240GB SSDを選択。ただ、自作するときに電源はいい製品にしようと決めていたので、イチ押しされたドスパラとENERMAX共同開発の80 PLUS GOLD認証オリジナル電源ユニットにした。すべてのコンデンサーに日本メーカー製の105℃電解コンデンサーを採用しており、耐久性と安定性にすぐれているのが特徴だ。

 最後に、ケースは後の性能強化も考えてENARMAXのATXケースを選択。サイドは強化ガラスを採用しており、中身がバッチリ見える。また、背面にはLED付きで青く光る120mmファンも搭載している。

 以上が今回の構成。ドスパラ秋葉原本店では、私のように遊びたいゲームが快適に遊べるパーツを教えてほしいと店員さんにいえば、1から丁寧に教えてくれる。自作したいけど、どのパーツがいいのか自分で選ぶの不安という人は、近くにあるドスパラ店舗に行って店員に聞くといい。また、予算を伝えて選んでもらうのもありだ。そのほか、秋葉原の場合はゲーミングデバイスを数多く揃っているGALLERIA Loungeもあるので、ゲーミングデバイスはそちらで選ぶといい。

 なお、ドスパラをはじめとする各PCメーカーが推奨パソコンも用意しているので、自作するのはちょっと……という人はそちらを選択してみるのもありだ。

 「BLESS」は、設定不問だとそこまでスペックが高くなくても遊べるが、一番上になるとそれなりにスペックが必要になる。ひとまず予算を決めて、「これくらいの価格でパーツほしいです」と店員に言えば、予算内でしっかりとパーツを選んでくれる。とにかく「BLESS」が快適に動作するパソコンがほしい場合は「『BLESS』が快適なパソコン組みたいです!」と伝えよう。

※価格は取材時のもので、変動する可能性があります

© NEOWIZ. All Rights Reserved. © NEOWIZ BLESS STUDIO Corp. All Rights Reserved. © GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

設定5でリアルな建造物や美しい自然を堪能!

 パーツもケースもすべてそろったので、さっそく組み立てた。久々の自作だったので、グリスを若干多めに盛ってしまったり、あれ、このケーブルどこに差すんだっけ……と、マザーボードの説明書を読んだりウェブで調べたりしながら作業をすすめたため、意外に時間がかかった。ちなみに、初めて自作するときは、ジサトラショータの「これであなたもPCが組める! 初めての自作PC入門」を読むとわかりやすいので、参考にしてみてほしい。

 完成して早速ベンチマークを計測。さすがに最新のCPUやGPU、SSD搭載ということもあり、3DMarkはTime Spyが6806、Fire Strikeが17103と高スコアだった。定番のゲーム系ベンチマーク「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」は、最高設定、1920×1080ドット、フルスクリーンという設定で16223(非常に快適)だった。ひとまず、「BLESS」を起動する前に性能の高さが確認できてほっとした。

いざ「BLESS」の世界へ!

 ということで、さっそく「BLESS」を始めてみた。まず、「BLESS」の公式ページにアクセスし、ポータルゲームサイト「Pmang(ピーマン)」を利用するための会員登録を行なおう。会員登録が済んだら、ログインした状態で「GAME START」をクリックすると、インストール画面が表示される。インストールすると、ゲームプログラムを自動的にダウンロードした後に、インストールが開始される。

 インストールがが終わった状態で再度GAME STARTをクリックすると、ゲームランチャーが起動し、右下のゲームスタートを押せばいよいよ「BLESS」の世界に飛び込める。ただ、初回は若干ダウンロードに時間がかかるので、気長に待とう。

運命の分かれ道、あなたはハイロン? ユニオン?

 「BLESS」の世界では、「ハイロン」と「ユニオン」という2つの陣営が存在し、各々の信じる正義や理想を掲げて対立している。ざっくりいうと、ハイロンは統治してきた場所を守る陣営、ユニオンはそのハイロンから覇権を奪おうとしている陣営だ。とはいえ、物語はそんなに単純ではなく、様々な種族や国、文明などが複雑に絡み合い、濃密なストーリーになっている。

 プレーヤーはまず、ハイロンとユニオンどちら側にするかを選択しなくてはいけない。そこから種族を選択するのだが、各陣営、各種族ごとに物語があるため、存分に1つの種族を堪能したら、別の種族の物語を楽しむというのもありだ。

 種族を選択したら、次は職業。ガーディアン、バーサーカー、アサシン、そして新たに実装されたレンジャーが選べる。それぞれ特色が違うので、今までほかのMMORPGで使っていた職業にしてみるのもありだし、体験したことのない種族を楽しむのもありだ。また、これからMMORPGを始めるという人は、職業選択時に説明が書かれているので、それを参考に選んでみるといい。

こだわりだしたら止まらない、細かなキャラメイク

 続いて、キャラクターメイク。最近のMMORPGはかなり細かなキャラメイクが可能。「BESS」も同じで、こだわって作ろうと思ったらかなりの時間を費やす。もちろん、顔や体のパーツごとにデフォルトで用意されているものが多数あり、それを選ぶだけでも結構細かくキャラメイク可能だ。

 さらに、顔の輪郭や体の各パーツごとに幅や大きさが変更できる。こだわりだしたら止まらなくなる細かさ。私はあまりキャラメイクに時間をかける方ではないが、それでもデフォルトを色々みたり選択したりしていたら30分くらい経っていた。

© NEOWIZ. All Rights Reserved. © NEOWIZ BLESS STUDIO Corp. All Rights Reserved. © GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

謎多きストーリー、ムービーもたくさん

 私は、ユニオン側のパンテラを選択。ゲームをスタートすると、ムービーが流れる。このムービーは、ハイロンやユニオンといった陣営や、「BLESS」の世界とはどんな世界かを説明してくれるムービーではなく、いきなりパンテラのストーリーが始まる。いったいどんな世界で自分がどんな境遇なのかはまったくわからず、ストーリーを進めて、様々な人に出会ったりしていくうちに徐々にわかっていく。

 BLESSの世界には様々な人間や種族がいて、その間でいざこざが起こったり、協力しあったりしている。さらに同種族間でも争いがあったり、差別があったりと結構複雑。これにより、ストーリーの重厚さが増している。人に話しかけると、すべてフルボイスで話してくれるので話を飛ばさずしっかりと聞こうとも思える。

 また、メインストーリーに加えサブクエストも多数あり、進めていくとBLESSの世界でできることや楽しみもわかっていくので、やることがどんどん増えていく。序盤は長時間1人でプレーしていてもまったく飽きない。1人でストーリーを進めていると、街中でギルドの勧誘をしている人がいたり、ギルドに勧誘されたりするので、そこからギルドメンバーと知り合い、一緒にダンジョンや攻防戦に挑戦するようになる。

 私はクエストをこなしている最中に急にギルドに勧誘されて、そのまま加入した。初心者歓迎というギルドも多いようなので、始めたばかりでギルドに入っていいか迷っている人は、一度声をかけてみるといい。先輩たちが色々と丁寧に教えてくれるかもしれないぞ。

世界観に没頭できる壮大な音楽

 ストーリーもそうだが、世界観に没頭できる音楽が素晴らしい。「BLESS」はハリウッド映画のBGMなども手掛けるハンス・ジマー氏がゲーム音楽を手掛けている。フィールドごとに流れる音楽は、まさに大作のファンタジー映画のように壮大で、フィールドを駆け巡っているだけでも「お、ここの音楽いいな」と思える箇所がいくつもあった。

いろいろな場所に行きたくなる、精細なグラフィックス

 そのほか、「BLESS」特徴の1つとしてあげられるのは、作りこまれたグラフィックスだ。特に各都市は昔のヨーロッパのような街並みで、都会の中にも情緒を感じるような雰囲気。移動するときに、次はどんな街だろうとワクワクする。そのほかの荒野や木々が生い茂る場所、遺跡のような神秘的な場所など、フィールドも各所で様変わりする。高いところに上って景色を眺めたり、フラフラしながら絶景を見つけるのもたのしい。

 なお、都市に生活している人々は、設定によって人数が変わる。設定5だとにぎやかな広場もそのほかの設定だと若干減るので、世界観をしっかりと感じたいなら設定5でたのしむことをオススメしたい。

© NEOWIZ. All Rights Reserved. © NEOWIZ BLESS STUDIO Corp. All Rights Reserved. © GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

マスクとレンジャーが実装! ますます盛り上がる「BLESS」をプレーしよう!

 12月6日のアップデートで、新種族「マスク」と新職業「レンジャー」が実装された。マスクは、他大陸からきた移住民で、故郷の大陸で発展させた機工文明を持ち、取引における腕前はピカイチ。ハイロンとユニオンどちらとも交易協約を結んでおり、「BLESS」の世界では初の中立(中立=どちらの陣営でも選ぶことができる)の立場となる種族だ。

 また、最大の特徴は可愛らしいいでたち。今までオーソドックスなヒューマンタイプと、屈強な獣人タイプの種族しかいなかったため、マスクはかなり人気がでる気がする。キャラクターメイク先行体験ですでにつくっていたので、今からプレーが楽しみだ。

 新職業となるレンジャーは、弓を使う遠距離タイプ。トラップを利用したスキルで敵を翻弄し、足止めや毒効果の付与など多彩な攻撃が可能なのが特徴だ。パーティーにいるととても役立つ職業だと思うので、2番目のキャラクター作成時にはぜひ選択してみてほしい。

 まだまだ始まったばかりの「BLESS」の世界。私も始めたばかりだが、手に入れた自作パソコンですでにどっぷりとハマっている。冬のボーナスが入って、何に使おうか迷っている人は、自作パソコンに挑戦して、「BLESS」の世界を堪能してみてはいかがだろうか。

© NEOWIZ. All Rights Reserved. © NEOWIZ BLESS STUDIO Corp. All Rights Reserved. © GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

年末は重厚なストーリーの「BLESS」を堪能! 快適に動作するPCを自作した