ゴゴ通信の元の記事はこちらからご覧ください

【簡単に説明すると】
日テレ『女芸人No.1決定戦』の笑い不自然
・SEというも続出
・実際はSEではなく笑うように示されている

女芸人No.1決定戦 THE W

日テレの『女芸人No.1決定戦 THE W』が12月11日20時から放送しており、話題になっている。副音では松本人志と放送作家高須光聖が解説。

しかし、そんな番組のネタの最中に不自然な笑いが発生しSEではないかと言われていた。確かに見ていたら客の笑いがうるさく障りなのは確か。甲高いで「キャハハハハ」と笑う場面が多く、特に面い場面でも大笑い。

これに対してTwitterでは「笑いのSEいらない」「笑い足すのやめて下さい」「笑いって足してるの?」というが挙がっている。

SEというのは要するに笑い効果音をあらかじめ収録しており、それを効果音のように流すということである。

しかし、今日の『女芸人No.1決定戦』は生放送。番組の決められた台本通りに音楽やSEがなるならまだしもネタの最中に何十通りもの笑いを即時に流すのは難しいのでは? そんなわけで元業界の人に話を聞いてみたところ次のような詳しい話が聞けた。

「基本SEというのはあまり使わない。特に生放送だと理。多くの番組は前説があり、そこで『笑って下さいね』と示されて、本番中もスタッフが合図を送ってそれを見て客が笑ってるだけ。それで不自然な笑いとなっている。いわゆる笑い屋と呼ばれている。今回の番組がSEなのかそうじゃないのかは分からないですけど」

とのことで、SEは基本使わず、前説で「笑って欲しい」とお願いされ本番中もスタッフが合図を送りそれを見て笑っているのだとか。そのためおの間で見ている皆さんが不自然に思う笑いが流れるのだという。

実際には笑いだけでなく「あー!」や「えー?」というや「ヒュー!」というまで流れており、SEでは到底難しい物である。

※上記のコメントは一般例であり、今回の番組が該当するかは別。

Twitterの意見

Twitterの意見

Twitterの意見

Twitterの意見