フジテレビ系「明日の約束」(火曜21時~ 制作カンテレ)8話。真紀子(仲間由紀恵)の放置児・英美里竹内紗)が、真紀子から離れるという選択をした。これは、第1話の希美香(山口まゆ)のときと同じケースだ。

1話の希美香を振り返る
明日約束」1話で、希美香は母親を捨てた。希美香の・麗美(青山倫子)は離婚後、男遊びに夢中で希美香を放置していた。ネグレクトというやつだ。希美香は、母親に構ってもらいたくて万引きをして注意を引こうとするが、失敗。最終的に選んだのは、「母親を捨てる」という選択肢だった。これを正解と言い切るのは難しいが、希美香がポジティブになれたのは、間違いなくこの選択をしたからだ。

希美香からの影
美里は、物語を大きく動かすとんでもない行動に出た。真紀子が死んだ遠藤健慎)の部屋を盗聴し、さらにはの行動を縛っていた拠の音週刊誌記者小嶋青柳)に売ったのだ。

これで真紀子の援護をしていた「鎌倉からイジメを根絶する会」は、この件から手を引く。ネット上は、真紀子の悪評で溢れた。

「もう児童相談所にはメールした。母親ネグレクト父親愛人作って別居状態。こんなじゃまともに生きていけません。結局、私のことは見てくれなかったし、も聞いてくれなかった」

美里が両親に向けて言ったセリフ。全てをぶち撒けるという、真紀子の視界に入るための最後の賭けだ。現時点で真紀子に心変わりがあるのかはわからないが、この行動は、母親を捨てる覚悟という点で、希美香が1話で取った選択と似ている。

美里不幸の中に身を置きながらも、初めて前を向けた間だ。自身の経験を元に寄り添ってくれた希美香からの影は大きい。たぶん、このドラマで初めてのポジティブな連鎖だと思う。

2人の親はネグレクトだったが、日向・尚子(手塚理美)は過干渉。全く違うタイプ親だが、英美里の決断をの当たりにした日向が、自身の親子関係にどう影させるか、残り2話はそこに注したい。

もう1人の親持ち和
希美香、英美里日向、そしてもう1人親に縛られているのが、親にネグレクトされ気味の日向の彼氏・和工藤須加)だ。しかし、和の場合は他の3人より少し複雑。ここにDVという呪縛が乗っかってきてしまっている。前話のラストで、日向暴力を振るってしまったように、和内には、暴力が染み付いてしまっている。

日向の場合は、希美香や英美里のように、「母親を捨てる選択」もあれば、「母親を受け入れる」選択もある。どちらも難しい状況なのに変わりはないが、一応、ゴールは見える。離れるか、より、近づくかだ。さらに、母親・尚子の変化もありえないわけではない。
だが、和の場合は、親よりも暴力が問題。しかもそのは、すでに亡くなってしまっている。どうやったらこれを乗り越えることが出来るのだろう? たとえ、両親が心変わりしたとしても、和の闇が晴れるとは限らない。また、日向が和の全てを受け入れて結婚しても、根本的な解決にはならない。

明日約束」は、全ての闇を抱える登場人物が、事件を乗り越えて何とか頑って前を向く、何とか明日を見る物語だと、漠然と想像していた。だが、和だけはなかなか難しい気がする。どうやって和が救われるのか、ある意味日向よりも気になる。

そして、もうわけわかんないのがミッチー
かなり序盤から怪しい演出をされまくっていたミッチーこと及川光博演じる霧島先生が、ついに本性を現した。を孤立させるよう仕向けていたと自したのだ。そして、3年前に香澄(佐久間由衣)がイジメられた原因を作ったのも霧島だった。

怪しい怪しいとは思っていたが、まさかそこまでしていたとは全く思っていなかった。良い視聴者だとながら思うが、見た間「え?なんで?」と思わずいてしまった。もう全く持って理由が想像出来ない。本当になんでそんなことするのか続きが気になって仕方ない。

ただ、一つだけわかることがある。それは、霧島先生が自分を正義だと思い込んでと香澄をクラスで孤立させたということ。悪事を問い詰められた時の霧島先生の開き直り方は、スマホを使って長谷部金子大地)に「先輩のせいで死にます」とメールを送ったことを問い詰められたときの真紀子そっくりだったからだ。

(沢野奈夫)

イラスト/Morimori no moRi