世の中には「35歳過ぎて結婚していない女性は、どこかに問題がある」と決めつける風潮があります。

しかし現実には、同じ35歳以上で結婚していない男性の方が、性格や考え方に問題があるケースが多いのをご存知でしょうか?

「そりゃ結婚してもらえないよね」と思わず頷いてしまうような、イタい地雷独身アラフォー男性の思考の特徴をまとめました。

「女の35歳以上は終わっているが、男の35歳以上はまだイケている」

かわいくて自分のタイプの女性と出会っても、彼女の年齢がアラフォーの自分と同じか年上だと分かった瞬間に「恋愛対象外」となる男性がいます。

彼らが女性をまず年齢で「足切り」したがる理由は
「女は出会った時点で35歳を過ぎていたら健康な子供は産めないから、これから恋愛して結婚をするのは無理」
というもの。

しかもこういう男性は
「あなたもアラフォーまで結婚できていないのだから、同じく手遅れ」
と指摘されると、鼻息を荒くして
「いや、男のアラフォーと女のアラフォーは違う。男のアラフォーはまだまだイケているが、女は手遅れだ!」
と主張します。

「なるほど!だからあなたはその年になっても結婚できないのね」と、思わず納得です。

「結婚は女に子供を産ませるためにするものだ」

35歳を過ぎて必死に「婚活パーティー」「街コン」などに足を運び婚活に励む男性の中には、とにかくギラギラ・ガツガツと女性をゲットするのに必死な人たちがいます。

彼らと連絡先を交換すると、律儀に毎日メールやLINEを送ってきて、一見「マメで良い人なのかな?」という印象を受けます。
(この段階で「キモイ」と感じて去っていく女性も数多くいますが・・・)

しかし仲良くなるにつれて、彼らがただ「子供を産ませる女を見つけること」だけが目的だということが分かってきます。

ある独身アラフォー男性は、街コンで出会った女性に向かってこう言い放ちました。
「恋愛や結婚は何のためにすると思ってるの?子孫を残すためなんだよ!子孫を残す気のない女が恋愛とか、ふざけてるんじゃないの!?そういうのは愛人でもやってればいいんだ!」

「なるほど!だからあなたはその年まで結婚できなかったのですね!」と、これまた思わず大きく頷いてしまいます。

「正社員でない女とは真剣交際・結婚は無理」

知り合ったばかりの女性に職業を聞き、彼女がフリーランスだと答えた途端に
「正社員ではない女性とは真剣交際はできないな」
と否定し始めた男性には、本当に驚かされました。

彼の主張は、
「正社員は産休・育休が取れるし、育児手当も出る。フリーランスなんて若いうちしかできないし、何の保証もないから」
とのこと。

正社員でも産休や育休が取れるどころか、「マタハラ」にあった挙げ句退職を余儀なくされたり、つわりが酷すぎて入院・退職する女性も存在する上、子供が産まれても保育園になかなか入れない現実があることなどを全く知らず、結婚したら女性の収入をアテにしようとしているのが見え見えです。

「正社員ではないなら、看護師などの食いっぱぐれのない資格をもっているのか?これからそういう資格を取る気はないのか?」
などと、女性が逃げ出すまで問いつめ続けたこのアラフォー男性。

「その考え方では、あなたと結婚したいと思う女性はいなかったでしょうね!」と、大変よく分かりました。

いかがでしたでしょうか?

結婚できずに悩むアラフォー女性からよく聞かれる言葉に
「ステキな男性はもう結婚してしまっていて、同じくらいの年齢で独身の男性は変な人ばかり」
というものがありますが、これは女性の理想が高すぎるのではなく、事実のように思えてしまいますね。

目の前にいる独身アラフォー男性が
「俺は男だから女と違って出産のタイムリミットもないし、まだまだ若くてイケている!」
と考えているイタいオッサンだと分かった女性のあなた、後々無駄なストレスを溜めないために、彼とはちょっと距離を置いた方が良いかもしれません。(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)

SEP_271415071204_TP_V