2017年12月23日(祝)から2018年2月18日(日)まで、松坂屋美術館(名古屋市中区)にて「ミュシャ展 ~運命の女たち~」が開催される。入場料は、一般1000円高校生以上800円中学生以下は無料

【写真を見る】ミュシャの作品を一挙公開!! ※ポスター 「スラヴィア保険会社」

アルフォンス・ミュシャ1890年から1930年ごろまでヨーロッパで活躍したチェコ出身のグラフィックデザイナー1894年に当時の伝説的な女優サラ・ベルナールのポスター「ジスモンダ」を制作し、一夜にしてパリ中の話題をさらい、スターダムにのし上がった。流れるようなやかに着飾った美しい女性、色とりどりの植物、ゴージャスな宝石などを散りばめた装飾性豊かなポスターや版画は一斉を。彼はアール・ヌーヴォーを代表する多くの作品を生み出した。

アール・ヌーヴォー(新しい芸術)とは、19世紀末から20世紀にかけてヨーロッパで開した美術運動で、その代表的な画であるアルフォンス・ミュシャ日本でも人気だ。 今回の作品展は祖国チェコの個人コレクションからのもので、ミュシャにより描かれた女性たちを中心に代表的なポスター、版画、関連写真などあわせて約150点を展示。これまでのミュシャと、彼に関わった女性たちを紹介する。

仕事学校から解放された休日。せっかくの休みを、寒いからといってを出ないで駄にしているそこのあなた。この松坂屋美術館ミュシャの作品で心をリフレッシュし、芸術センスを磨いてみてはいかがだろうか。 【東海ウォーカー】(東海ウォーカー河合衣)

ポスター 「ジョブ」1896年