最近男性とデートをしましたか?ただ漠然と「恋愛がしたい!」と言っているだけでは何も始まりません。

恋愛には、まず自分からチャンスを作って行くことが大切なのです。まずは“デートに誘ってもらえる女性”になることが必要!では、どのような女性がデートに誘ってもらえるのでしょうか。

■1:笑顔が多い

いくら美人だったとしても、不愛想な女性をデートに誘いたいと思う男性はまずいません。いつ話しかけても笑顔で返事をしてくれる、そんな親しみやすい女性こそ、男性はデートに誘ってみようと思うのです。普段から笑顔で楽しく会話をする相手とのデートは、「きっと楽しいだろうな」と想像してしまいますよね。

あなた自身が近寄りがたい雰囲気を作ってしまうと、男性からは“高嶺の花”というイメージで見られ、遠くから見ているだけで満足される存在となってしまう可能性があります。そうなる前に、日頃から笑顔を見せ、話しかけやすい雰囲気をまとえるよう心がけておくことが大切ですよ。

■2:女性らしい


いくら親しみやすいからと言って、友達感覚にさせてしまってはいけません。そうなってしまうとデートどころか、恋愛対象にも見てもらえなくなってしまいますよね。デートはやはり、“連れて歩きたい”、“周りに自慢したい”と思わせる人を誘うことが圧倒的に多いです。

そのため、親しみやすい雰囲気の中にも“女性としての柔らかさ”や“居心地の良さ”など、男性には出せない部分を意識的に出して行くことが必要です。しかし、女性らしさを出そうと下品になってしまうのはNG!無駄に肌を露出するような女性らしさではなく、仕草や言葉などを中心に気を付けるようにすると、自然と女性らしさが出てきますよ。

■3:脈ありサインを出す


いくらこちらが『デートに誘って欲しい』と思っていても、男性の方に誘う勇気が出ないという場合もあります。最近では、恋愛に積極的になれない“草食系男子”も多いですよね。そんな男性相手には、日頃から脈ありだというサインを出すことも必要になってきます。

自分のプライベートを明かす、ボディタッチをするなど、「他の男性とあなたは違うのよ」、「あなたになら教えてあげる」というアピールをしておくと、『デートに誘っても断られないかも』と前向きに考えてもらえることができるかもしれません。普段から、行きたいと思った場所や好きな食べ物の話題をさりげなくしておくことで、彼もどこに行こうか悩まずに誘えるのでオススメです。

いかがでしたか?ガードが硬いと、男性からはなかなか距離を縮めようとしてくれません。親しみやすく、それでいて女性らしい、デートに誘っても断られそうにない女性に、声をかけようと思うのですね。

簡単にデートに誘わない心理には、断られてしまうことも考えた男のプライドも関係しているのかもしれません。以上のポイントを意識して、あなたも今日から“デートに誘われやすい”女性になってみませんか?
(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)

Pretty smiling teen girl closeup