クリぼっちは絶対に避けたいけど、クリスマスまでもうあまり時間がない! 今からどうやって彼氏を作ればいいんだろう……。そんな悩みで焦っている人も多いのでは? クリスマスまでに片思いの彼へアプローチするための方法をご紹介します

さりげなくて効果的なアプローチ方法が知りたい!

クリスマスを一緒に過ごす彼がほしい思いはある一方、やっぱりこのタイミングでチャレンジングな告白をして玉砕するのは避けたいところですよね。
ここでは、さりげないけど効果的なアプローチで、男子から告白を引き出すための作戦をまとめていきます。

Aプラン:友だちカップルに協してもらおう
彼氏がいる女友だちってどうしてもうらやましいし、クリスマス女子会には当然誘えない。
でも、この時期に他人の恋愛に協する心の余裕があるのは、じつは人がすでにいる女友だちや男友だちだったりするんです! 

ここで紹介したいのは、そんな友だちカップル1組〜2組に協してもらって、自分と気になる人を含めた複数人でパやたこパ、飲み会などを催す! という作戦

自分に彼氏がいないことに話題のなかで自然にふれてもらったり、「この二人なんか合ってるよね」と言ってもらったり……うまく周りに盛り上げてもらいましょう。



大勢のクラスメイトや職場の仲間が集まる飲み会では人だらけで、好きな人と話すチャンスを手に入れるのも一苦労。さりげなく確実にアプローチしたいなら、そのためだけに会をセッティングしてもらうのが近です。

熱が冷めないうちにデートしよう!

友達カップルの協のもと、見事グループで遊ぶことに成功したらその雰囲気にのっかって、初デートにつなげましょう。相手から誘われなくてもめげずに、デート約束を取りつけてみて。

周りからある程度冷やかされたステップがあった上でデートに何回か行けたら、相手もまんざらでもない拠。なおかつ、向こうもこちらの気持ちをなんとなくわかっていて自信を持てるから、告白される確率もぐっとアップすると思います。

Bプラン:同じ人と2回以上ごはんに行こう
自分からガツガツアピールしていくのは苦手だけど、好きな人と共通の友だちで協してくれそうな人もいない……そんな場合は、正攻法かつシンプルな接近法があります。

それはずばり、短い期間に2回以上同じ男子とごはんに行くこと!
男女二人っきりでのごはんって、仲のいい友だち同士でよく行ってる人もたしかにいます。ですが、もともと友だちとして特別仲がよかったわけではない男女が2回以上続けてごはんや飲みに行くのって、一般的にはお互いだんだん深い意味を考えはじめるもの。

学校や職場とはイメージが変わるようにハッキリ髪形を変えたりおしゃれして、とにかくごはんデートを重ねましょう。毎回自分から誘ってもOKですが、告白は向こうに委ねるのがいいと思います。

彼が手で恋愛モードを出してこなかったら?
わりといい雰囲気にはなってるのに、相手の男子告白する自信を持てずにいたり、決心がつきかねてる場合は、少しこちらから後押しするテクを使っていきましょう。


2回め以降のデートに行くとき長めのスカート×網タイツ背中Vのニットなどさりげなく隙を見せるファッションを取り入れる、「○○君といると安心する」「楽しくって時間がたつのがい!」などのわかりやすいポジティブ発言をする、などは簡単にできて効果的な方法です。

クリスマスまでに駆け込みで、気になる人とさりげなく付き合う雰囲気に持っていく作戦をご紹介しました。残り僅かな期間ですが、まだあきらめず、なおかつ玉砕しない方法で、すてきな彼氏をゲットしましょう。
(由井妙/studio woofoo)

(C)LAURIER PRESS