劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』が、2018年4月13日に公開されることが決定した。劇場版第22弾となる本作は、『名探偵コナン から紅の恋歌』での予告でも話題となっていた。さらに12月13日の週刊少年サンデーでは、連載で衝撃の事実が明かされ、長期休載も発表。ますますコナンへの注目度は高くなっている。

【大きい画像を見る】『名探偵コナン ゼロの執行人』バトルヴィジュアル(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

さらに期待が高まる劇場版だが、その熱い視線はある一人の男に注がれている。それは、メインビジュアルの中央に描かれている“3つの顔を持つ謎の男”、安室透だ。謎が多い彼が中心となる本作、一体どのようなストーリーになるのだろうか?

あらすじなど発表済みの情報は、以下の過去記事を参照してほしい。
>【「劇場版「名探偵コナン」最新情報発表! 安室透がコナンの敵に? 疑惑の黒田兵衛はどう動く】
本稿では、公式から発表済みの情報からそのストーリーを推察していく。

※安室透の呼び名は公安の降谷零、黒の組織のバーボン、探偵の安室透と3種類ありますが、この記事では基本的に安室透に統一しています。
※本記事はあくまで当編集部による推察に過ぎません。劇場版『名探偵コナン ゼロの執行人』の正式な情報についてはこちらの公式サイトをご覧ください。

◆各キャラクターの表情、その目には何が写っているのか

まずはティザービジュアルから考察したい。青山剛昌さんが描いた劇場版のビジュアルとしては、過去最高の人数が登場している。その下部に並んだ少年探偵団5人は、何かを見上げ驚いているような表情を浮かべている。本作は爆破事件が発端のため、その爆発を目にしているところかもしれない。
またヒロインの毛利蘭は涙を流しているが、作中で父親である毛利小五郎が容疑者として逮捕されているため、それに関係した涙と考えられそうだ。
そしてキーキャラクターである安室は何かをまっすぐに見上げている。これも爆発を見上げていると予想できるが、何か思いつめているようにも見える。隣の黒田兵衛は険しく、鋭い眼光。この二人が並んでいるのも、何か意味がありそうだ。


続いて公開されたバトルビジュアルでは、コナンと安室が対立している様子が描かれた。中央には「Truth vs. Justice」というキャッチも。「Truth」からは「真実はいつも一つ」というコナンのお馴染みのセリフを想起させる。しかし両者共にどちらも当てはまるのも事実だ。あるいは、二人とも真実と正義の狭間で戦っているのかもしれない。
そしてどちらのビジュアルでも安室の服装がスーツのため、公安としての動きが多いことも予想される。作中で“3つの顔”をどう使うのかが、ポイントとなりそうだ。

◆タイトルロゴに秘められているものは?

次にタイトルの「ゼロの執行人」を紐解きたい。執行人という言葉は単独で使われることはあまりなく、死刑を執行する「死刑執行人」という呼称がよく使われるものだ。そして「ゼロ」というのは公安の俗称で、安室透のあだ名。そこから「公安の執行人」とも取れるし、安室が執行人であるようにも捉えられる。しかし、“ゼロを執行する人”の可能性もあるため、公安や、安室自身が執行される側かもしれない。

文字だけでなく、タイトルロゴにも注目してほしい。この「ゼロの執行人」のロゴの背景部分には、斜め線が引かれたゼロが描かれている。この斜め線はO(オー)とゼロを区別するための線であり、この斜め線が描かれたゼロは数学で「空集合」と呼ばれている。その意味は、「何も要素を持たない集合」。探偵、公安、黒の組織の3つの顔を持ちながら、つかみどころのない安室透という人物を指しているようにも考えられる。
さらにここで別の見方もしてみたい。このゼロは眼帯、または丸が顔だとして、右目の部分に線が重なっているようにも見えないだろうか。そうであれば、ビジュアルに描かれている黒田兵衛、またはラムを指している可能性がある。
そしてこのゼロに繋がるように描かれている点も意味深だ。数は13と、不吉と言われる数字。並べ方を見ると、作中で起こる事件へのカウントダウン“ゼロ”を告げる導火線にも見える。

続いて執行人の文字。それぞれの文字から3つの線が伸びているが、まるで3つの顔を持つ安室のよう。しかも線が伸びている文字は、「幸」「行人偏」「人」の3つと、何か意図を感じる。さらに行人偏は、元の意味をたどると十字路を指す「行(ぎょうがまえ)」。十字路は、自分が来た道を除くと3つの道が残る。まさしく安室透の立ち位置を暗示しているのではないだろうか。

◆「それが、お前の真実か」安室透と黒田兵衛の関係は?

ティザービジュアルには「それが、お前の真実か」という気になる言葉が書かれている。コナンから安室へ問いている発言というのが、一番可能性が高そうだ。

では、「それが、お前の真実か」という言葉が安室から発せられた場合はどうか。黒の組織ナンバー2のラム疑惑がある黒田兵衛がいるので、彼の正体についてならばありえそうな話だ。とはいえ、今のところ原作でも二人が関わるシーンがないため、対面時に何かしらのアクションがあることを期待するしかない。
ちなみに2016年に公開された劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢』では、安室ことバーボンがラムについて言及している場面がある。そこで安室は、ラムについて名前を聞いたことがあるぐらいという素振りをしていた。

さらに、この言葉を黒田のものとして考えてみよう。現状から推察できる相手は、やはり安室だろう。ただし、黒田が味方なのか、ラムとして敵対するのかにもよって意味が変わってくる。黒田が味方であろう警視庁捜査一課管理官としてならば、公安として黒の組織に潜入している事に驚いている言葉かもしれない。安室が所属しているのは警視庁ではなく警察庁なので、黒田は面識がないかもしれないからだ。
しかし、安室と時期を同じくして黒の組織に潜入していた公安のスコッチは警視庁所属である。ということは、スコッチの上司が黒田だった可能性もあるので、知っていたかもしれない。これは、黒田が管理官に就いたタイミングがポイントになりそうだ。
そして、黒田がラムだった場合。黒の組織に公安の潜入員、降谷零がいることがばれてしまったかのような意味に捉えられる。そうとなれば、衝撃の展開として本編にも深く関わってくることになるだろう。

◆特報では衝撃のシーンの連続、安室の真意とは?

爆炎から飛び出してくる安室からはじまる特報は、気になる点が多い。まず「トリプルフェイスの謎の男」というナレーションが流れるとき、TVシリーズ「ギスギスしたお茶会」と思われるシーンと、本編でも見た事のない謎のシーンが登場した。「公安警察」という言葉と共に登場した拳銃を握っているシーンは、何かの任務についている時だろうか。
また、灰原がPCを操作している様子も映っている。TVシリーズの「ミステリートレイン」で灰原は黒の組織の裏切り者・宮野として安室に接触し、死んだように見せかけた。もし本作で関わることがあれば、何か進展があるかもしれない。というのも、安室の回想で灰原の母親であるエレーナが登場しているため、そのあたりが安室の真意のカギとなるかもしれないからだ。


そして、ドローンが何か運んでいる様子が映り、毛利小五郎が手錠をかけられている衝撃のシーンが続く。後ろには安室の部下である風見裕也がいるので、この件については公安警察が動いているようだ。

また、『純黒の悪夢』に続く激しいカーチェイスが期待できそうな車のカットも登場。明らかに地上ではないところで安室が拳銃を抜いたり、道路でのコナン絶体絶命の状況など、とんでもないシーンの連続である。
しかし、一番気になるのは最後の日本列島で大規模停電が起こっているところだ。停電を発生させるものといえば「ブラックアウト爆弾」や「電磁パルス(EMP)」。前者は最近ドラマ『そして、誰もいなくなった』で登場したこともある、送電施設の機能を停止させる爆弾だ。後者は『マトリックス』や『オーシャンズ11』で登場。「高高度核爆発」という高層大気圏で核爆発を起こすことによって電子機器に異常が起こり、停電を引き起こすという爆弾である。どちらも人体に影響はないが、大規模な停電によってどのような事態が起こるかは想像に容易い。派手な爆発はダミーで、その騒ぎに乗じてドローンが停電を起こす爆弾を運んでいるのかもしれない。

特報は「僕には命をかけて守らなければならないものがある」という安室の言葉で終わっているが、この真意がかなり重要になるだろう。劇場版だけでなく、本編にも大きく影響しそうだ。特報には少年探偵団に加え、黒田兵衛が登場していないのも気になる。そして、ラムの正体が黒田にせよ、進展する事によって黒の組織へまた一歩近づく事になるだろう。

ファンにとっても見逃せない一本となりそうな本作、引き続き次の情報を待ちたい。【ほかの画像を見る】『名探偵コナン ゼロの執行人』ティザーヴィジュアル(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
『名探偵コナン ゼロの執行人』ティザーヴィジュアル(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会