EKAKI / PIXTA(ピクスタ)
EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

タレントテリー伊藤12月14日放送の『ビビット』(TBS系)に出演し。同日発売の『週刊文春』に不倫疑惑を報じられた女優吉久美子について言及した。相手がテレビプロデューサーといわれていることについて「(吉は)仕事をもらう立場。ややこしい」と訴えた。

【関連】 戸田恵梨香だけじゃない偶然バレたスキャンダル ほか

番組では冒頭から吉とテレビ局プロデューサー不倫疑惑について特集し、テリーは今年、吉と今年したことを明かした。その際に夫の太陽介との出会いについて吉が熱くっていたことを挙げ、「正直、吉さんは聡明な方だからびっくりしている」と今回の報道に驚きを隠さなかった。

しかも、不倫相手とされているのがテレビ局プロデューサーであることについてもテリーは「仕事をもらう立場。そういう人と不倫、もししているのならややこしい」と危惧。「だって仕事もらっているから。そして仕事をあげているという位置関係。今回の騒動で、テレビ局もこの方をいまのポジションに置いておかない。吉さんが音楽やりたくても音楽プロデューサーとしてやっていくのもできない」と、仕事が絡んだ関係でもあることに「ややこしい」という言葉で持論を述べた。

また、夫の太についても「一本気な人だから…」と気に掛け「年ごろのお子さんもいるし、でルイルイやってるわけにもいかない」と、太の大ヒット曲『Lui-Lui』になぞらえて同情していた。

 

太川陽介もコントロール不能だった藤吉久美子の「魔性の魅力」

藤吉も太川も起用しづらくなった

「今回の一件で、吉のみならず旦那の太についても『使いにくくなった』とテレビ局関係者は一同に言っています。なぜかというと、おしどり夫婦として知られていたのに、妻が不倫に走るような状況だったとなると、太を見るが変わるからです」(芸記者

SNSでも《太がしっかりしていないからこうなる》、《仕事をもらう人と不倫されるなんてだらしない》、《太イメージが下がりました》、《バラエティー番組で笑っている場合じゃないぞ、太!》など辛辣な書き込みが立つ。

「今回の文報道は、『賢いイメージ吉久美子不倫した』ということでインパクトを残しました。しかしその裏では、『やはり吉という魅たっぷりの雰囲気に取り込まれる男が出たか』と関係者たちが妙に納得してしまう点があることと、『太ではコントロールできない』ことが露呈しています」(芸関係者)

この先、“元おしどり夫婦”は、もとのに戻って仲よくするのか、それとも…。

 

【画像】

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)

EKAKI / PIXTA(ピクスタ)