“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンがハリウッド殿堂入りを果たし、12月13日(米国時間)、“ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム”で行われた記念セレモニーに登壇した。

映画の街・ハリウッドの大通りに、俳優・著名人の名前が星型のプレートに刻まれる “ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム”。本当のスターだけが認められる“ハリウッド殿堂入り”と言うべき名誉に、映画「ワイルド・スピード」シリーズなどで、不動の人気を獲得した“ロック様”ことドウェイン・ジョンソンの名前が刻まれた。

記念セレモニーには、黒いスーツでビシッと決めたロック様と、長年のガールフレンドであり、妊娠中であることを発表したローレンさん、2人の子供である娘・ジャスミンちゃんと共に参加。

今回の殿堂入りは、WWEの大人気プロレスラーから俳優へと華麗なる転身を果たし、出演作品の全世界興行収入20億ドル以上を叩き出す人気と地位を確立した実績と共に、精力的に慈善活動を行うなど多岐にわたる活躍が評価された。

“ウォーク・オブ・フェイム”のプロデューサー、アナ・マルティネスは「みんなドウェイン・ジョンソンが大好き! 彼の“星”はこの有名なウォークの中でもとても人気のものになるでしょう。ドウェインは素晴らしい人格と才能の持ち主であるだけでなく、慈善活動を精力的に行っており、それがこの“ウォーク・オブ・フェイム”の星を得る判断基準のひとつでもあります。彼の星の写真がここできっとたくさん撮られることになるでしょう」と賛辞を贈っている。

大勢の観客で埋め尽くされたセレモニー会場には、12月20日より全米公開を控える「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」にて共演を果たすジャック・ブラックと、ジェイク・カスダン監督が駆けつけており、祝福する準備万端。嵐のような歓声が巻き起こる中、ロック様はスピーチで「大事なことは、自らの手で一生懸命に仕事をすること、毎日感謝をしながら生きること、そしてもうひとつ言いたいことがあって、本当に心の底からファンの皆さんに感謝しています。みんなを愛しています!!」と感謝の意を表すと、割れんばかりの拍手が巻き起こった。

さらにロック様は「昨日の夜、セレモニーで何を話すのかと、ローレンに聞かれました。思いついたままに話そうと思っていると伝えたところ“あなたにとって、このすべての事はどんな意味を持つの?”と聞かれたんです。そんな風に考えたことがなかった。しかし、今日ここに来るときに分かってきたのです。どんな意味を持つのか…。今からそれを見せるよ」と語ると、突如ステージを下り、愛娘・ジャスミンちゃんを片手で軽々と抱っこ。愛娘と共にマイクの前に立ったロック様は「これがすべてなんです! 自らの手で一生懸命仕事をすることも、毎日を感謝しながら生きることも、すべては家族というものに繋がっている。家族を愛して、自分ができるすべてで守ること。自分が愛すれば、人生はより良いものになる。皆さん、本当にありがとうございます!」と語り、ジャスミンちゃんの顔を見ながら満面の笑顔を見せていた。

そんなパパの雄姿を見たジャスミンちゃんは「アイラブユー」と可愛さ満点で発言すると大歓声が起こり、ロック様は手を挙げて歓声に応えながら、誰もが祝福したくなる記念セレモニーの幕が閉じた。

映画「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」は2018年4月6日(金)より、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。