イエリッチに「少なくとも10球団が打診」、パドレス地元がレポート

 パドレスが、マーリンズクリスチャン・イエリッチ外野手をトレードで獲得する可性が浮上した。パドレスの地元サンディエゴトリビューン」のデニス・リン記者が報じている。

 同記者は「パドレスマーリンズクリスチャン・イエリッチについて問い合わせをしたいくつかの球団に入っている」とレポート。「すでにオールスター選手であるジャンカルロ・スタントン、そしてマルセロ・オズナをトレードしたマーリンズが、イエリッチを移籍させる準備ができているかは不透明である」としつつ、「もし、イエリッチが獲得可になれば、マーリンズは大きな見返りをめるだろう。少なくとも10球団がマイアミに話を持ちかけている」として、パドレスのほかにも複数の球団がイエリッチ獲得に興味を示していることを伝えている。

 元ヤンキースデレク・ジーター氏らのグループが買収したマーリンズは、チーム革に着手しており、今オフイチローFAに。さらに、ジャンカルロ・スタントン外野手ヤンキース、マルセロ・オズナ外野手カージナルスにトレードで放出した。昨季のレギュラー外野手であるスタントンとオズナ、そして4番手外野手だったイチローチームを去ったが、イエリッチにまでトレード話が浮上。これが成立すれば、今季、チームを支えた外野4人全員チームを去ることになる。

 ただ、マーリンズはイエリッチをチームの中心に据え、チームを再建させたい方針。イエリッチ自身も、シーズン終了後には残留の意向を示していた。スタントン、オズナの放出で状況が変化したため、マーリンズサイドは近日中に再度イエリッチの意向を聞く方針だという。今後の去就が注される。(Full-Count編集部)

マーリンズのクリスチャン・イエリッチ【写真:Getty Images】